プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家を直したり、いろいろ

ブログ更新が滞っています。

そもそもの理由はこの間もちらっと書いた「一時帰国後の酷い時差ぼけ」。FBの方で時差ぼけ解消宣言しましたが、実はその後も更に1週間ぐらい体内時計が狂いっぱなし。数日前までなぜかハワイ時間のような時間帯に眠くなっていましたし。。。

友人曰く、日本と米国東海岸のような時差だと、一旦移動してから現地時間に体(特に内臓)が慣れるのに2週間ぐらいは要するんですって。

今回は1週間だけの滞在だったので、半分慣れかけたところでまたかき混ぜられて、体内時間軸が複雑に歪んでしまったみたい。変な話、いつも毎朝ちゃんとお通じがあるのに、そのサイクルがずーっと夕方で固定になっていました。昼間、会社のデスクで座ったまま何度寝てしまったことか。本っ当~に今までで一番つらい時差ぼけでした。

あとは、あれですね、あいほんを買ったんですね。ついに。それでメールやらFBやら他の方のブログやら通勤時間中にチェックするようになったので、家でPCの前に座る時間が本当に減りました。これは良いことだわ。

私が日本に行っている間に前から計画していた(というか、私は単にやらなきゃ、やらなきゃ、と言っていただけだけど)家の外装の工事を始めました。かなり古~い家なので、外装工事と言うか、修理というか。

家を直すことはかなり重要でした。実用的な面からも、エナジー的にも。この家は、いわゆるスターターホームのサイズで、初めて家を購入する人にはお手頃。

なので、新築でこの家に入った最初の家族は恐らく何十年と住んだのではないかと思いますが、その後は、子供の小さい若夫婦とか、子供のいないカップルとかが数年毎に入れ替わり入ってきては次の家にステップアップするような形で住んでいたようです。ま、以前ちらっと見た不動産記録を元にした私の想像ですけど。

そういった場合、まるでアパートのような表面だけ修繕しながら住むような暮らし方になります。ここを売って、次はどんな家に住もう、と考えて。私たちも全くもってそういうつもりでこの家を買ったんです。結局は不況で値が下がってしまったので、ここを売った利益でもう少し大きな家に、という夢は崩れてしまったのですが。

そして、自分に十分愛情を注いでくれない住人が続いた事で、この家はとってもエナジーを失って運気が停滞してしまっていたようです。

サイキックのセツさんに家の写真を見て頂いた際も、この家自体は全然悪くないし、家の周りの印象も良いのだけど、本来はとても若々しいエナジーのはずの家なのに、老朽化して年老いた感じになっていると言われました。そして、私たち夫婦も若いエナジーを持った夫婦なのに、この家の停滞したエナジーに引っ張られてしまっている、というようなことも。でも、ちゃんと修理してケアしてあげれば大丈夫、という太鼓判を頂きました。

それが本当に本当で、まだ工事は終わっていないけど、あれっと思うような小さなことから、おおっと思う大きなことまで、少しずつ良いエナジーが巡って来ています。また来週はセミナーがあるしね。いつもの仲間に会えるから楽しみだし。

そういえば、工事が始まる前、相方にお願いしておいたことがありました。それは、無事工事を終えられるよう、土地と家の神様にお願いすること。もちろん、私もするのですが、私は工事の数日前に日本に立ってしまうので、ここぞと言う時に使っているThank you God というアロマスプレーを家の敷地と家にスプレーして、お祈りをしといてね、と相方に託して出発しました。

いつものごとく、最初は「何で俺が」と拒否るのですが、なんやかんや、Thank you Godには一目置いている相方。日本にいる間に、「やっておいたよ」とメールが来ました。

あと、隣の家のおばさんが、庭木(といっても20メートルぐらいあるような大木ですよ)の枝を少し整理するのに職人を呼ぶので、あなたの方の木も切りたかったら一緒に頼んだら?と数日前に声をかけてくれました。

前々から、前庭のもみじの木を少し選定したいといっていた相方。ちょうど良い機会なのでお願いすることにしました。ついでに裏庭の老朽化した高い木2本も、枯れた大きな枝が幾つかついていて、大風が吹くたびに家に落っこちるんじゃないかと冷や冷やするので、それらも少し整理してもらうことにしました。

本来なら自然に伸びた木の枝を切るのは私は好みません。鳥が休む場所や、リスが大好きなクルミのなる木の枝を減らすことになるから。

でも、枯れ枝に虫が入って木自体が腐ったりしても困るので、お互い安全・健康に共存するために、ちょっと散髪させてね、と木にもThank you Godをスプレーし、相方と2人で幹に手をあててあいさつ回り。(怪しい夫婦である)

業者のおじさんがクレーン車みたいなのに乗り、高い枝もスイスイと切って帰っていきました。下の方の枝は取り払い、上に枝や葉が伸びる様にした方が良いとのことで、襟足をすっきりカット。裏庭のうっそうとした狭い空間がすこし広く感じられるようになりました。さて、これからどんな素敵な風が吹いてくるかな。

リビングの窓の外の庭木はもう真っ赤。この木は殆ど目立たない小さな花が初夏に咲き、秋になると実をつけます。


mi 1


それの皮がはじけて中の実が顔を出すと、小鳥がやってきてはついばみます。この時期、リビングの出窓の外ではこの庭木の枝がゆさゆさ、ゆさゆさ。


mi 2


皮がめくれて中のツヤツヤの実が出て来たのを見ると、毎年「食べてみたい」衝動にかられるけど、まだ試したことがありません。どんな味なんだろ?
スポンサーサイト

週末のいろいろ

もう7月ですね。早いっ。焦るぐらい時間の経過が早いです。

それにしても、6月は忙しくなくて、楽しいこととかもちょこちょことあって、今年初めていい月でした。

な~んてことをカバラの徒である友人に話したら、カバラでは私は金星が守護星らしいので、「ヴィーナストランジット辺りから流れが変わったんじゃないかと思ってたんだよ」と言われました。確かにそうかも。

この2週間は休暇で留守の義妹の猫を預かっていました。がっちゃんです(オス、3歳)。


Gaku in box


しかし、どこの家の子もダンボールが好きだな。

うちの2匹とは微妙な距離間でケンカもしてたけど、元来がっちゃんがおっとり男子なので、そんなに壮絶な感じになるわけでもなく、なんとか無事に過ごした2週間でした。

がっちゃんが帰った後は、二人とも超リラックスモード。やっぱり自分の縄張りに他の子がくるのは緊張するよね。

もぎがとてもプリティーに撮れました。


Mogi on high chair



さくらは爆睡。


Sakura napping


今日は家の近くに来るファーマーズマーケットで買ったイエローピーチを使いスコーンを作りました。私がね。先日ホールフーズで買ったピーチスコーンが美味しくて、作ってみたくなったんです。


peach scone


でも、元々のレシピが違うんでしょうね。ホールフーズのとなんか違う。ホールフーズのはもっとピーチの香りが強くて、甘みももっとあってしっとりしてて。って、砂糖の量は私がレシピより減らしたから仕方無いけど。

もう一回ホールフーズに行って材料の表示を見てこよう。私が使ったこのレシピはナツメグが強く、ピーチ感が薄まっちゃった。どうもそれが第一の敗因のような気が。ナツメグの香りは好きだけど、ここまで強いとパンプキンパイを彷彿させて、夏じゃなく秋の味覚になってしまう。

http://www.kingarthurflour.com/recipes/peach-scones-recipe

その後、夕方になり、相方が 「あ、タヌキ!早く早く」と裏庭を見ながら私を呼ぶので、そちらに行くと、「違った、アライグマだ」と。アライグマなんて見たことないんだけど、と思って窓をのぞくと、確かにしましま尻尾のアライグマが裏庭の奥の急な傾斜をのそのそ上っています。

あの、念のため言いますけど、うちの庭は郊外の一軒家にしては本当に狭いんです。周りの敷地とは柵でぐるっと簡単に囲ってあるし、あんまり野生動物が入ってくるような感じではないんです。リスは別だけど。

急いでカメラを取りに行き窓辺に戻ると、アライグマは裏庭の高い木に登り、太い枝がY字に分かれた分かれ目のくぼみに座り込んでいるようです。双眼鏡で見ると、フワフワした毛が木に絡まって生えているツタの間から見えました。

チッ、チッ、チッ、と動物を呼ぶ時みたいに音を出したら、どうやらムクっと頭を上げてこっちを見てるみたい。写真に撮ったけど望遠が弱くてうまく取れない。


Araiguma.jpg



でも、間違えてフラッシュを焚いたら片目が丸く緑に光りました。


Araiguma with flash



すごく分かり辛いけど、この白い○のあたりが顔ですね。

Araiguma no kao


この後、アライグマは日が落ちるまでずっとこの木の上で過ごしたようです。いつもそこにいたのかしら???うちのナスは大丈夫かな。こんなのが庭にいたら、ちょっと心配になるわ。

闘う私

日本では年末になると、その1年を表す漢字が漢検から発表されますよね。去年だったら「絆」とか。

それをちょっとひねった形で、町ゆく人に今までの人生を振り返ってそれを漢字一文字で表すと何になるか、というのをあるTV番組でインタビューしていました。

老若男女、学生さんから80代の方までの方に聞き、楽、苦、探、寛、受、夫、等々、それぞれの理由でいろんな文字が挙がっていました。

そして、私の今までの人生を表す漢字は何だろう?、と問いかけたところ、はっきり見えた文字は「闘」。お~い、マジですか。やっぱり私はなんでも闘っちゃてるわけね。だから楽しいことも苦しくなってくるのか。

相方にも聞いてみると、「満」だそう。あ~、余裕ある感じ。満ち足りてる、満足しているってか。本人は冗談で「いや、不“満”かもしれないだろ。あるいは、肥“満”」とアホなこと言ってたけど。。。

皆さんも、深く考えずにぱっと自分に問いかけて、何が思い浮かぶかやってみてくださいな。考えるんじゃなく、インスピレーション勝負で。結構おもしろい文字が浮かぶかもですよ。

とりあえず、私の人生は闘いをやめないと平和が訪れなさそうだ。


時代

ランダムな内容だけど、ぴーんとインスピレーションがあったりするこのごろです。

ふと、歌詞もちゃんと覚えていなかったのに、中島みゆきの時代を聴きたいと思い、動画を探しました。

動画のはめ込みがうまくいかなくてリンクだけ貼りますが、有名な曲にも関わらず、Youtubeに中島みゆき本人が映っている新しめの動画が見つからなかったので、綺麗そうな風景が映っていた動画をクリックしました。

すると、それは今年のお正月に福島県の海岸で個人の方が撮影された画像をつなぎ合わせたものでした。

「時代」、改めて聴くととても素敵な歌詞です。そして、海岸の様子もとても美しいです。やはり、震災後にこの曲を探した他の方からのコメントも書き込まれていました。

この動画、被災された方々に届くといいなぁ。

明日があるかなんてわからないのだ

先週金曜に会社に行った時点では、今回の地震の被害の様子はまだあまり分かっていなくて、数百人の死者とかなりの行方不明者が出たらしい?ぐらい(それでも十分酷いけど)のものだったと思います。それでも、他の課の知り合いがわざわざやって来て、ご家族は大丈夫?と声を掛けてくれた。

週末中、ジワジワと被害が明らかになって行き、更には原発のお粗末な対応で、今日は会社に行くと、昔の同僚とかからも心配の電話やメールが入って来た。

中には数年話してなかった人とかもいて、最近子供が生まれたなんて事をついでに報告を受けて、ちょっと嬉しかったり。

災害があって人が繋がるというのは、今までにも9/11なんかで経験があるけど、不思議なもんです。普段当たり前になってることが当たり前じゃ無くなった時、改めて感謝するものって多いですよね。

今回は全く偶然にも、地震と同じ日にまた別の個人的にマグニチュード最強のショックな出来事があり、こんな風に毎日を過ごすのはイカンと感じたのでありました。それを変えようと模索してますが、まぁ、私一人ではなんともしがたい部分も有り、なかなかのモヤモヤ状態でもあったりします。

でも、津波にサーッとさらわれて、全てが無くなってしまう様子を見たのと、個人的な出来事の両方で、金曜に帰宅するとすぐ友人に電話をかけ、リコネクティブ・ヒーリングの予約を入れてしまいました。スケジュールの関係で行ってもらうのはちょっと先ですが。

リコネで何か解決するとは全く思っていないのだけど、少し前から受けてみようかなと思っていたのを、忙しさを理由にズルズルしてたのがイヤになっちゃったんです。明日はないかも知れないのだから。

受けたとしても、今自分に必要でなければ何も起こらないだろうし、必要なら何か起こるだろうし、というスタンスです。でも、興味があるので、受けてみよう、という感じ。他にもいろいろとセミナーの受けてみたいのがあったりして、休みの工面が大変。まだ3月の今の時点で数えてても有給が足りなくなりそう。

仕事は相変わらず忙しく、人手不足ぎみなので、今日も上司に4月に1日休みを取りたいと言ったらちょっと渋い顔をされ、何かの予定とぶつかりそうなので、マストじゃなければ少し休暇届を待って欲しいと言われた。まぁ、取るべきものならば取ることになるだろうと思って、楽観視、楽観視。

今年はまたどんどん色んなクラスとかも取って、楽しもうと決めているんです。だからきっとまた素敵な出会いや経験が待っているはずです。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。