プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の猫劇場2

ドアを閉めて着替えていたら外に誰かの気配。

Otete choichoi 1



サッ

Otete choichoi 2

あ、何か動いた。



Otete choichoi 3


これは誰じゃ。  



つっついてみると

Otete choichoi 4

バタバタバタ。




今度はこっちからニュッ。

Otete choichoi 5



ニューッ。

Otete choichoi 6





Otete choichoi 7

ワタタタタタタタッ。





下手人は

Otete choichoi 8

さくらなり。

スポンサーサイト

春の猫劇場

ある日のさくらともぎ。仲良くくつろいでるようですが、


Mogis scheme 1-1


上から見ると


Mogis scheme 1-2


もぎがさくらに乗っかっています。

もぎは眠くなるとさくらを探して一緒に寝たがります。でも、彼女は甘え下手。さりげなくそっと寄り添うのではなく、のしっと、寄り添い、いや、殆どの場合はどしっと乗っかりぎみにくっつこうとします。

そこへ持ってきてさくらは割とドライなかぁちゃん。なので、眠気が余程でない限り、もぎが寄りかかってくると逃げてしまいます。

また別の日。

さくらが寝ていると、もぎがソファーの角の隙間に入り込んで添い寝を画策中。


Mogis scheme 2-1


少しして見てみると、やっぱり一緒に寝ていました。


Mogis scheme 2-2


アンニュイに物思いにふけっていますが、


Mogis scheme 2-3


完全にさっちゃんに乗ってるよっ。カタツムリかいな。


Mogis scheme 2-4


さくらはさくらで、そこに箱があれば入らねばならぬ。こんな小さな箱はムリだろうと思ってたけど、


Sakura and the red box 1


やっぱり入った。

体制を変えて、本気寝するつもり。


Sakura and the red box 2


かなり盛り上がっております。


Sakura and the red box 3


ほっぺも落ちそうやで~。


Sakura and the red box 4


やーっ

寒さも結構本格的になってきましたね。

昼間は家のサーモスタットの温度を下げているので、普段はくっつかない2匹も時々一緒に寝ています。で、過保護な飼い主がブランケットをかける。。。


Sleeping together in blanket


暫くしてみたら、2匹が同じように前足を一本ずつ伸ばしてシンクロナイズド・スヤスヤしてた。

やーっ!


yah! 1


もういっちょ、やーっ!


yah! 1


なんじゃコイツら。。。。


こねこねこ

相方が毎日チェックしてるTシャツ売ってるサイトがあります。$10で日替わりのTシャツがアップされて、送料無料のオプションもあるし、かわいいと完売しちゃったりするらしい。

で、いらんっちゅーてるのに勝手に私サイズでこんなTシャツを注文する相方。


neko T


で、広げて「かわい~」とか言って一人で喜んでたよ。そんなにかわいくて気に入ったなら、自分用のサイズで買って自分で着ればいいじゃんか。止めないから。私は赤はアンラッキーカラーだから、こんなに全面赤なのは着たくないのだよ。

まぁ、確かに絵はかわいいけどね。


neko T up


秋の猫三昧

ハロウィーンの今日。トリック・オア・トリートに訪れた子供はたった5組!少なっ。おかげでキットカットが大量に余ってしまいました。気をつけないとついつい食べてしまうので非常に危ない。。。

ハロウィーンなんて関係ない面々の写真を久々に。

斜め裏の家のペブルス。

pebles.jpg

氷点下の寒さでも外に遊びに出る、出入り自由、気ままな女子。時々、シマリスを捕まえて食べてます。(初めてそれを見た時はびっくりした~)

続いて、ペブルスと同じぐらいうちの庭に出没するこのお方。見えますかね。裏庭の塀の真ん中に、ちっちゃい黒いの。

Kuroshiro on the fense

アップはこんなお顔です。

Kuroshiro up

どこの子なのか、素性は全く知れず。でも、綺麗なので飼い猫は間違いないと思われる。ただ、5メートル以内に近寄らせてくれない。

性別も不明。女子っぽいけど、あごひげのようなその模様がどうしても「ゴン太」という名前を連想させる。

おつぎはうちのモギさん。週末、私がパソコンを使う際に部屋のブラインドを開けると、この体勢で微動だにせず2時間ぐらいじっと窓の外を見ています。

Sitting Mogi


どういう状況かというと。。。

Mogi zoom out

タンスの上。それも毎回ぴっちり角に足をそろえる。

mogis pitchiri feet

見辛いので下からも。

Pitchiri feet close up lower angle

背筋をピンと張って、無駄に姿勢良く、ずーっとこのままなんです。

Pitchiri feet lower angle

下から見ると、ナンカえらそうですね。

その後は、さくらと一緒に出窓で光合成しながら、上から降ってくる落ち葉を眺めてコウフンしていました。

watching fallen leaves

窓のすぐ外を葉が舞うと、二人とも立ち上がってバンっと窓に手を当て、届きもしない葉を掴もうとするので、毎年この時期は窓ガラスを割られるんじゃないかと少しハラハラします。

もぎ: ナンカ美味しいもの落ちてこないかな~。

Mogi expecting nanka oishi-mono

さくら:私って名前に似合わず秋も似合う。

Patient Sakura

庭は掃いても掃いても落ち葉が舞い落ちて、掃除のしがいがありません。落ち葉堆肥を仕込むこの時期ですが、私は腰痛の身。

ブローワーで落ち葉を集める相方をよそに、シーズンの終わった花を少しだけパチパチと切り取りました。

セダムの花が終わり、そのままにしておいたら、また新しい花が出てきたので、茶色くなったトップの部分だけ切り取りました。

その作業をしていたら、花の間に大きなクマバチがいて、一瞬ギョッ。もう寒いから最近は見かけなかったのに。

でも、よ~く見ると、もう生きていませんでした。まるで、花の蜜を吸いながら命尽きたような格好。最期は一番好きなところに来たのかな。

クマバチさん、セダムのピンクの花に囲まれて天国に行けてよかったね。夏の間はうちのなすの受粉も沢山手伝ってくれてどうもありがとう。お疲れ様でした。

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。