プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフ ・・・・ (Off と見せかけてお麩)

相方の誕生日でイーストビレッジの Kajitsu (嘉日)さんへディナーに行ってきました。ここは、京都の老舗生麩専門店、麩嘉による本格的な精進料理のレストランです。

麩嘉は、青海苔の入った麩であんこを包んだ麩饅頭が有名。もともと私は生麩が大好きで、確か、この青海苔麩饅頭を知ったきっかけは、何年も前にとんねるずの食わず嫌い王で誰かが持ってきたお土産でした。

もうそれが、美味しそうで、美味しそうで、そのすぐ後に帰国した時は京都から取り寄せました。この秋の帰国時も、錦市場のお店で買って宿で食べたんですよねー。あ~、今思い出してもあの余韻に浸れるわ。。。多分、好きじゃない人には何の感動も無い食べ物でしょうが、こちらでは入手できないだけに、私にとっては余計特別なんですよね。

今晩のメニューは$70のコースでした。で、カメラ忘れました。(かなりショック。。。) シェフに確認したら、写真撮影OKということだったのに、ほんと、残念。携帯で全部写真は取ってきましたが、色があまりよく無いので、ご興味のある方は、ニューヨーク、嘉日で検索すると、いろんな方のブログにコースの写真が全部載っているのを見られると思います。

ただ、メニューは月替わりらしく、私も他の方のブログを拝見しましたが、今日食べたものとは違うものばかり。つまり、来月行けば、また全然違うものが食べられるということですね。スバラシイ~。

私たちのコースはこんな内容でした。

炙り胡桃豆腐 - ゴマ豆腐に炒った胡桃もすり混ぜてあるらしいです。

柚香ポトフ 薄氷仕立て - トマト、小さなたまねぎ、キャベツなんてものも入ってるかと思えば、金時人参のような珍しい食材も顔を覗かせる、ゆず風味の洋風お吸い物、みたいな感じでしょうか。大きな黒いお椀でサーブされました。

焼蕪酒粕ソース掛け、バターナットスクワッシュの黒味噌のせ、大根彩り寿司 - これは全部一つのプレートで出てきました。全部美味しいのだけど、一番ツボにはまったのが、大根彩り寿司の付け合せの漬物。ああいう漬物をNYで食べたことがないです。

かぼちゃ麩と蓬麩の冬至風 大納言ソース - 出ましたよ~、お麩!それぞれ、かぼちゃとヨモギの風味が感じられ、上にかかった大納言ソースも絶品。

手打ち蕎麦 ポロ葱掛け - 冷たいおそばが少しのつゆとポロ葱、大根おろし、ホースラディッシュとのトッピングで出てきて、全部混ぜ混ぜして食べるもの。NYのその辺のお蕎麦屋さんより美味しいかも。

きりたんぽ鍋 - キノコがたっぷりで、おだしが染みたきりたんぽがとっても美味しい。きりたんぽを美味しいと思って食べたのはこれが初めてかもしれません。

デザート (雪餅) - 中にイチゴと白餡(かな?)、が入った道明寺粉っぽい皮のお饅頭。

お抹茶、味噌餡をはさんだおせんべい、落雁 

出されたもの全部、私は心底堪能!他の方のブログには、「全部アペタイザーかと思うぐらい、量が少なめな印象」とか、書いてる方もみられましたが、少なくとも普段ゆるベジな(されど食べる量は決して少なくない)私にとって、大満足でした。

いや、実は途中で、「もしかしたら食べ終わった後にピザ1枚ぐらい入るかも」と恐ろしい考えが一瞬頭を過ぎりましたが、食べ終わったあとはお腹いっぱい。もう食べれない!という感じなのに決して重くない。ビバ、精進料理!

器も素敵だったし、箸置きはお店のロゴとでもいうのかしら、HPにも載ってる四角、三角、丸の形の金属製があり。私たちは3人で出かけたので、一人ずつ違う形の箸置きがセッティングされていました。バターナットスクワッシュの黒味噌のせが出た時も、相方のは四角、私は三角、義妹は丸と、さりげなーく、それぞれの箸置きと同じ形に盛り付けされていました。何て芸が細かい。

お抹茶は、カウンターに茶釜が置いてあり、私たちはカウンター席だったので、目の前でシェフに立ててもらいました。京都の嵐山吉兆で修行を積んだというシェフはまだ30代前半とのことで(直接お聞きしたわけではありませんのよ)、とても気さくそうな感じの方。ミシュラン二つ星の精進料理店って、ちょっと肩が凝りそうですが、もう、全然そんな堅苦しさは無し。サーブしてくれた日本人ではないアジア系のウェイトレスさんも、とっても感じがよかったです。

こんなレストランがNYにあるなんて、とっても嬉しいな。しかも、イーストビレッジプライスだから、あの内容で$70は私はお得だと思う。絶対にまた行きます。そして、完全なベジタリアンとかヴィーガンじゃなくても、繊細な和食が好きな人には是非オススメします。
スポンサーサイト

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。