プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09-11-2010

あれからもう9年です。

その日の朝、私は寝坊し、いつもなら8時半前には出勤するのにまだ家にいました。

WTCが火事だというTVのニュースが目に入り、「こりゃ、PATHトレインは暫く止まったな」と、当時通勤に使用していた電車が非常事態で稼動停止になるのを予測して、そのまま家にいました。

相方は既に出勤していたのですぐ知らせると、WTCから煙が上がるのが彼のミッドタウンのオフィスから見え、同僚にも教え、皆で窓から見ていたそうです。

そして結局は出勤するような状況では無くなり、一日中家でTVから流れるニュースに釘付けで、一人オロオロしていました。

もし出勤していたら、8時45分ごろWTCで電車を降り、地上に出て10ブロック先のオフィスへ向かうはずでした。まさに、テロの起こった時間帯です。

いつも通勤で利用していたWTCが一瞬で消えたこと、そして多くの方の命がそれとともに失われたこと、それはあまりに非現実的な出来事だったので、今でも信じられないし、理解しきれていないところがあります。

9112010.jpg

今年もWTC跡のライトアップがなされ、30キロほど離れたうちのあたりからもそれは目にすることが出来ました。

亡くなられた方々のご冥福と、大切な人を亡くされた方々の心の平穏をお祈りします。
スポンサーサイト

<< 中秋の名月@日本 | ホーム | 新月・誕生日・新しいコンタクト・そして探してたアレ >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。