プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリ

ハリって、張りじゃなくて、鍼。

昨日、1年ぶりぐらいに鍼灸治療に行ってきました。先生は一つ年下のさっぱりした性格の女性。まぁ、こういう職業の方にしたら割と若いと言えるんじゃないでしょうか。鍼の先生って、おじさんとか、おじいさんのイメージじゃありません?(あ、30代後半は、立派にオバサンか???)

ここ1ヶ月ぐらい、ずーっとビミョーな腰痛が続いていました。思い起こせば、日本で始まったこの腰痛。原因は多分。。。急に沢山歩きすぎ(あー、年寄り臭い!)

それまで極度の運動不足だったのに、日本で毎日遊び呆けて、やれ買い物だ、やれ旅行だ、と急に歩き回ったのです。そして、実家で寝ててもなんとなく腰に違和感がありました。それは床にお布団敷いて寝てるから、普段と寝床が変わったせいだと思っていたのに。。。

こちらに帰ってきてからは丁度なんちゃって太極拳クラスが始まり、毎週月曜の夜に数回通いました。その中で、腰に手をあてて足を閉じ、腰周りだけを物凄く小さく、ゆっくり、丹田を中心にぐるぐる回す準備体操があり、先生は「これは腰痛にいいんだよ」と言っていたのに、一向に良くならず。

どちらかというと、毎週そのクラスで軽い腰痛にダメ押しをして治らなくなってるような気がして来ました。そこで、今週は一回お休みしてみることに。

先週末には相方にレイキをしてもらうと、「腰の右側の方が痛いんじゃない?」と言われました。でも、自分としては軽いギックリ腰みたいな感覚で、まんべんなく腰の中心辺りが痛いような気がする。

結局、先週の太極拳クラスから2週間様子を見ても治らないので鍼を受けることにしました。もうここまできたら、レイキで悠長に治るのを待つのは危なそうな気がしてきたんです。

治療テーブルにうつぶせに横になり、腰と一緒にこのところ酷かったかすれ目に効くよう、視神経のツボにも鍼を打ってもらいました。

腰は・・・ 今までに鍼を打たれた中で一番痛かった~!!! 2箇所、泣くほど痛いところがあって、先生に伝えると、「右側が腫れてます。これ、スジ違ってますよ」ですって。やっぱり、右側がおかしいという相方の診断は正しかったんだ。。。

そして鍼に電気を流してもらい、更に上から温熱ライトで暖められ、しばし我慢の子。途中から鍼を刺している痛みがだいぶ気にならなくなってきて終了。

目の方も、先生のオフィスを出て、周りを見渡すと、調子がイイ感じ。やったー!NYに居ながら日本製の使い捨て鍼で治療を受けられるのはとても便利で助かります。ありがとう、Y先生。
スポンサーサイト

<< Hereafter | ホーム | Blossom >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。