プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンクスギビング 2010

木曜がサンクスギビング(感謝祭)だったので、そこから4連休。(この間5連休って書いたけど間違えた)残念ながら、今日はお休み最終日です。

毎年家族で過ごすホリデーは義妹がきて、相方と二人、何やらご飯を作ってくれます。今年も二人で相談して献立を考えていました。(私は食べる係)

2010年サンクスギビングのディナーメニューは、

○ 赤と黄色のビーツのサラダ リコッタチーズ添え
○ タコとホワイトビーン、ガーリックの炒め煮
○ カボチャのリゾット
○ ヒラメのカルパッチョ
○ タイの塩釜
○ バルサザールのパンプキンパイ

タイの塩釜は、卵白を混ぜた塩を敷き、その上に香草やレモンをお腹に詰めたレッドスナッパーを載せます。

Red Snapper shiogama

そして全体を残りの塩で覆います。途中で卵白入りの塩が無くなり、塩にオリーブオイルを混ぜてしっとりさせ、足りない部分を補修しました。

Shiogama before baking

上の感じだと、一応ちゃんと塩で覆われててOKな感じですよね。でもね、焼いてみたらこんな感じで。。。

Shiogama after baking

卵白が混ざっていないお塩は白いままで、まるで安倍川もち?みたいな焼き上がりになってしまいました。もちろん、白い部分は卵白入り部分のように固まらないので、さくさくしたお塩のままで、綺麗にぱかっと塩釜が外れなくて不便。

ちょっと塩がきつい部分もあったのは、恐らくこの手抜き塩釜部分の影響かと思われます。卵白が入ってると、ちゃんと塩釜が固まるので、魚やハーブから水分が出ても、必要以上に塩が入り込まないんじゃないかしら。

しかも、これ、何度もやってるのに、今回は下にオーブンシートを敷き忘れて、お皿に移動できなくなっちゃった(笑)まぁ、家族だけのディナーなので、見栄えは気にせずこの使い古しのトレーごと食卓に並びました。いずれにせよ、塩釜は超簡単でおされなので、オススメですよん。(上の安倍川もちじゃ、説得力ないか。。。) 凝れば魚の顔やヒレをもうちょいリアルに形作ったりも出来ます。

あと、今回個人的にヒットだったのは、ビーツ。ビーツって、缶詰のスライスしたのがサラダに載ってたりすることが多いのですが、今まではどういう味を期待するべきなのか、良く分からない、とらえどころのない野菜でした。

今回、義妹が2色のビーツに皮のままオリーブオイルをかけ、アルミホイルで包んで蒸したものを持ってきました。その皮をむき、普通にスライスして、リコッタチーズにバジルを刻んで混ぜたものを載せてサーブしました。

beets kasane

スライスの断面は割りと大き目のリンゴを横にスパッと切ったぐらいの大きさです。こんなに作ってどうするの~?と思いましたが、完食。ビーズを蒸したのって、おいしー。缶詰と全然違う~。

ただ、このサービングの仕方だと、ナイフを縦に入れて切ろうとすると、はさまれてるチーズが押されてぐにょりとはみだしちゃうので、スライスを底に1枚引き、チーズを載せ、その上に荒めのみじんに切ったもう一色のビーツをトッピングした方が食べやすそう。

どんな大きなビーツだったのか、丸のままのサイズを見ていませんが、義妹は丸ごと持って来て、その後毎日一度はサラダに入れて食べていますが、あと1回分残っているらしい(笑)そして、毎回、ほぼ私一人で食べています。美味しいから食べているのですが、ビーツは飲む(食べる?)血液製剤といわれるぐらい、栄養があるらしいですよ。

余談ですが、赤いビーツの色素はハンパないです。調理したまな板の上はさながら惨殺事件現場のようになります。そして、夕飯にた~くさん食べて翌日トイレに行くと。。。排出される液体の色まで違います。もちろん真っ赤ではないですが、最初は血尿でも出たかと思ってビックリしました。(お食事中の方、スミマセン)

サンクスギビングがあけた翌日はブラックフライデーというクリスマス商戦の幕開け。ありとあらゆるお店がセールを行い、デパートなど大きなお店は朝4時とか5時から開店し、午前中は超目玉商品が出たりします。わたしも朝7時からクラフトショップに行ってきました。

この日1番の戦利品は、2段重ねのクリアーな道具・材料ケース。定価$14.99が、セールで50%オフになっていて、そこへ30%オフのクーポンを持参。さらに行ったのが早かったので予期していなかった$5オフのギフトカードがもらえ、Tax込みで$1.50を切った。何これ、90%オフ?もう、タダでいいじゃないか。。。

そして帰ってきたら泊まっていた義妹が起きたので、これもバルサザールから買ってきたペイストリーで朝食。いい買い物した後は朝ごはんがうまいぞよ。

asameshi.jpg

長くなっちゃったので、この記事はこれにておしまい。
スポンサーサイト

<< レイキ レベルIII | ホーム | 私も??? >>


コメント:

わーオサレ!何もかもオサレヽ(^o^)/
塩釜は卵白入りの塩なんですね・・塩で覆い固めればいいのかと思ってた(焦 
塩釜焼きやってみたいなぁ☆ ビーツもたべたことないから興味津々,,

そういえばアメリカの家庭って、豆のサラダもよく登場します?
洋画の中に出てくる食卓に、必ずドカッと置いてある気がする (`・ω・´)ノシ

塩釜是非やってみて~。
塩で覆い固めただけだと、恐らく、だけど
物凄~いしょっぱくなるんじゃなかろうか。
卵白入れてぱかっと綺麗に塩釜が外れるのは快感よ。

タダね、大量のお塩が勿体無い!
だからたまーにしかやらないし、
実は今回やって、もうやめようか、と
相方に言ってみました。
実際、調理するのは私じゃないので、
その辺の願望がどう聞き入れられるかわかりませんです。

豆のサラダ、か~。
うちはレタスとかをちぎって、
オニオンスライス、胡桃、フェタチーズ、
などなどと一緒に、缶詰のヒヨコ豆とか
えーっと、なんていうのか分からないけど
小豆色の豆とか上に散らしたサラダを
よく食べるよ。

あ、でも、いろんな豆を混ぜたサラダも確かにあるね。
2人じゃ多種類の豆を準備するのが大変だから、
うちではやらないかな。好きだけどね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。