プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイキ レベルIII

以前レイキのクラスを取ったアメリカ人の先生のところでレベルIIIのクラスがあり、相方と参加して来ました。

この先生のところでは、レベルIIIはレイキアートという1日だけのクラスと、更に翌週の週末2日間を使った合計3日間のマスター/ティーチャークラスを設けていて、私たちはレイキアートのクラスだけ申し込みました。

レイキアートでは新たなのシンボルを習い、アチューンメントを受けます。マスター/ティーチャーまで取る人は、更に2つのシンボルと、アチューンメントの方法を習います。

今日のレイキアートのクラスにはその他いくつかのエクササイズがあり、その中にオーラサージェリー(オーラ手術?)という、肉体的・精神的に関わらず、被施術者の問題点を取り除く、というものがありました。

どこかで見たことがあるような感じの手法ではありますが、とりあえず、生徒同士の練習で、自分は右のひどい肩こりを取り除いてもらいました。いや、実際に、ピキーンと冷たい感触だったのが、治ったんですよねー。

施術の前に、問題点を特定の質問に答える形で説明するのですが、私の場合、イメージとしては生の肝臓が思い浮かびました。肩こりなのに。。。どう聞かれても、生々しく表面がつるりと光る肝臓しか思い浮かばない。

今回の参加者で、先生のお友達のオバさまが一人いて、その人がかなりのサイキックでした。私が肩こりの症状として肝臓が見える、と言うのを聞き、肝臓は怒りやストレスを示すので、私の場合は怒りやストレスを溜め込んだことが肩こりという症状として表に表れている、と教えてくれました。

全員立ち上がってグラウンディングし、呼吸を行うエクササイズの時には、「姿勢をもうちょっと変えたほうがいいわね。その立ち方だとエネルギーが下から流れてこないわ。ちょっとこっちに来てごらん」とオバさまから直々に呼ばれ、治してもらっちゃいました。

その方、話を聞いてる感じ、ありとあらゆることを習った人らしい。ヒーリングから量子力学的なことから、スピ系のことなら何の話題がでてもすごい勢いで説明してくれました。

なりゆきで、そのまま彼女のまん前に立つ形で更に呼吸法を練習することになり、自分の姿勢が良くなったのと、彼女のエナジーフィールドにとても近づいているせいで、体がポカポカして来ました。

そして終わった後、「あなたはここを使いすぎね。(←サードアイを指しながら)何でも分析してしまうでしょ。ちゃんとグラウンディングして、下とも繋がらないとね」と言われてしまいました。あら~、頭ばっかり使ってるのも、バレちゃいましたのね。。。

私は立ち姿勢から根本的に修正を受けるというお粗末な状況である一方、みんなでその呼吸法の感想をシェアした時、「あなたはエネルギーにセンシティブだけど、何か感じた?」と聞かれた相方は、「手と手の間に激しい光のエネルギーがあるのが見えた」とか答えておりました。出た、天然男。。。

一通りクラス内容が終わった後、最後のシメとして先生が皆からの質問を受け付けました。でも結局話はレイキから外れ、アセンションのこととかランダムな内容に及んだ結果、何故か忘れたけどマトリックス・エナジェティックスの話に。。。

マトリックス・エナジェティックスは初耳のヒーリングでしたが、家に帰ってから調べると、アマゾンで見つけた本に「量子論的手法による変容のテクニック」とあります。日本ではあまり広まっていないようですが、リコネやシータヒーリングと比較されることもあるよう。本の解説には更に、「ツーポイント」「タイムトラベル」の技法で、場のマトリックスを調整し、本来の状態に戻します、とあります。

先生と先生のお友達のオバさま(彼女は残念ながらこの話題になる前に早退)はどうもこのヒーリングも学んでいるようで、先生から「どんな風に行うか、見てみたい?」と聞かれ、みんな、うんうん、と頷く。結局、一人一人やってもらっちゃいました。(ラッキー!)

それぞれ自分の変えたい事を伝え、それが現時点で叶っていない理由というか、ズレのようなものをあるべき軸に戻すような感じのアプローチでした。これでホントに問題が改善してきたらすごいよなぁ。見てると笑っちゃうようなやり方なんですよ。

そしてお遊びタイムも終わり、最後に先生がレベルIIIの修了書を準備している間、生徒同士でおしゃべりしていたら、一人の生徒さんが最近キネシオロジーのクラスを受けてみたという話になりました。

実は、来年2月と4月に2つの異なる手法のキネシの集中コースを見つけ、面白そうだなぁ、と思っていたところだったんです。私がかなりの興味を示したところ、本人がオファーしてくれたので、早速簡単な筋肉テストを試してもらいました。これまたラッキー。

時間があんまり無かったので、簡単にやってもらっただけですが、確かに正しい反応が出ていました。オーリングもキネシですよね。でも、あれは自分ではうまく出来たためしがないので、人にやってもらったほうが正確な気がします。少なくとも私は。

いずれにしても、キネシはセルフチェックにはあまり向かないようなので、出来れば自分で習うより、身近でやってくれそうな人に習得して欲しい(笑)相方とか、ヒーラーさんのお友達とか(Kさん、次はキネシは如何でしょうかね。。。)

あ、でも、その生徒さんが受けたのは、初歩レベルのクラスだと思うけど、物に触っただけで、「あ、これは自分に合わない」とか敏感に分かるようになったと言っていたので、それは食品や体につける物を買う際なんかに便利だな、と思う。

そして最後の最後、クラスの真ん中のテーブルに設置されていたレイキグリッドの上のタンブルをどれでも持って帰って良い、と先生が言うので、ぱっと目に付いたのを2つもらって来ました。

一つはアメジスト、もう一つはヘマタイトかと思って手に取ったら、部屋が薄暗かったせいで見間違え、ラピスかソーダライトと思われる濃紺の石。なんだー、グラウンディング用に黒っぽい石を一つ取ったつもりだったのに、結局また第六・第七チャクラ対応の石を持ち帰ってしまいました。

うーん。。。来週末の続きのコース、取るつもり無かったんだけど、ちょっと心が揺らぐな。教えるつもりはないけど、あのクラスの面子はかなり良い。クラスの内容より、あの面子の話を更に聞きたい。。。やっぱり、その場のエネルギーやフィーリングって大事ですね。
スポンサーサイト

<< ビーズやアクセサリーのショーへ行く | ホーム | サンクスギビング 2010 >>


コメント:

Nora さん
なかなか楽しそうで盛りたくさんなレイキアートだったようようですね=そのオバサマもタダモノではないようだし。Noraさんが興味あることに通じてる人もいて、まさに引き寄せって感じもありますね!場所は前みたいな感じ?またいろいろ買えたりするのかしら?
キネシか~、たしかに面白そうではありますねぇ。。。

うん、とてもいいクラスだったよ。
メンツのせいだけど、アートのクラスから
いきなりとてもスピになったので、
余計面白かった。

今度の場所は前より全然こじんまりしています。
前みたいなビルじゃなくて、
一戸建てを改装した建物。

もともと皮膚科のオフィスに使われてたらしい。
残念ながらもう物は売ってないみたいです。
あ、そのおばさま、シンガーなので、
彼女のものを含め、CDは少し売ってました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。