プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 ツーソンミネラルショー

まだ自分が買った石の写真を撮れていないのですが、現地の様子の写真をアップしますねー。

ツーソンミネラルショー(略してツーソンショー)は、3週間程に渡ってアリゾナのツーソン市内各所で幾つものショーが同時開催される、世界中のベンダーやバイヤーの集まる大きなミネラルショーです。

期間中ずーっとやっているショーもあれば、数日間だけ、というものもあります。また、会場によっては条件を満たしたプロのバイヤーさんしか入れないところも多くあります。

でも、とにかくショーの数が多いので、私のような一般人でもいけるところが結構あり、石好きさんなら必ず楽しめるイベントだと思います。私は期間の最後にコンベンションセンターで行われるメインのショーを見たかったので、それに合わせてツーソン入りしました。

いくつものショーが同時開催されるツーソンショー。そのうちの幾つかは、こういった野外テントが集まって行われます。ホテルに併設されるものが多いです。

Tucson Mineral Show 2011 - 1

このテーブルの上に載ってるのはデザートローズの、、、クラスターって呼んでいいんでしょうか。大きな塊です。個別にコロコロしたのか、数個くっついたのしか見たことが無かったんですけど、こんなに大きい塊になるんですね。

Tucson Mineral Show 2011 - 2

このビンに入って並んでるの、なんだと思います?最初、ウニのビン詰め?と思っちゃいました。でも、そんなはずはなく、これらはオパールのかけらの詰め合わせです。お水か何か、透明な液体に漬かっています。

オパールって、こうやって売るものなんですか???まぁ、たしかに乾燥には弱い石ですけど。。。

Tucson Mineral Show 2011 - 3

水晶のポイントとか、ペンジュラムとか、大量販売的にパッケージングして売ってるお店も。

Tucson Mineral Show 2011 - 4

クラスターもたーんまり。場所によってはアリゾナの強い直射日光にガンガンに当たって置いてあるものもあり、アメジストを直射日光下に何日も放置しないでよー、と、ちょっと可愛そうに思いました。

Tucson Mineral Show 2011 - 5


ここからはコンベンションセンターのメインのショーです。

下は開場直前の様子。こういうカメラアングルの写真を他の方のサイトでも見かけましたが、どうやって撮るんだろう?と疑問でした。

実際に行ってみると、会場ホールは地下のように一段下がってるので、地上階のガラス張りの面から開場全体を見渡せるようになっていました。初日開場前はなかなかの行列ができていましたよ~。

Tucson Mineral Show 2011 - 6

宝石グレードのきらきらのファセットを扱うお店、タンブルやカボションなどのお店、鉱物標本のお店、等、いろいろとあります。

Tucson Mineral Show 2011 - 7

お手ごろな値段の小さい鉱物標本がたーくさん。欲しいものもあったけど、いっぱいありすぎて、じーっくり見ただけでなんだか満足。今回のお目当てはカボションなので。

Tucson Mineral Show 2011 - 8

もう少し大き目の鉱物標本。たしかこれは割引セールしてました。

Tucson Mineral Show 2011 - 9

ミュージアムグレードのようなものもガラスケースに入って沢山売っていました。

Tucson Mineral Show 2011 - 10

実際に、ミュージアムから貸し出しで展示されている鉱物もありました。一番気に入ったのは、自然にできた白クマさん。これ、すごくないですか? 鉱物の種類は Schorl とAlbite とあり、The Polar Bear と名がついていました。モコモコ感がなんとも言えない。

Tucson Mineral Show 2011 - 11

ブルーフローライトの結晶が綺麗でした。このショーの間中、ブルーフローライトのカボションかタンブルをずっと探したんですが、残念ながら巡り会えませんでした。

Tucson Mineral Show 2011 - 12

今年のショーの展示物の中で目玉は、去年オーストラリアで発見された世界で三番目に大きい自然金塊(Gold Nugget)でした。他のものが綺麗だから、あんまり見栄えがしないですね。ケースの横にはニコニコした警官がずっと立っていました。

Tucson Mineral Show 2011 - 13

分かりにくいですが、中央あたりのケースに入ってるのはロードクロサイトの塊。鮮やかなピンク~。

Tucson Mineral Show 2011 - 14

会場の裏手にはいくつか売店が設置されています。このショーは有料なので、一日じーっくり見たい人はここで腹ごしらえ。手にスタンプを押してもらえるので、同日中は会場の出入りも自由です。歩ける距離内で他のショーも行われています。

Tucson Mineral Show 2011 - 15

うーん、もっと写真撮ればよかったです。自分が行く前、様子が知りたくて他の方のブログで写真を探したんですが、もっと見たーい、と欲求不満でした。だから、ツーソンショーで検索してここを見に来てくれた方がいれば、と思い、沢山写真を撮るつもりでした。でも、実際現地に行っちゃうと、石を探すのに忙しくて、意外に撮れてない。。。

今回の旅、自分のブログのカテゴリー分けで「石」にするのか「旅行」にするのか非常に迷いましたが、とりあえずこの記事は「石」かなぁ。複数カテゴリーにつけられない仕組みなのが残念だ。


スポンサーサイト

<< ツーソンから持ち帰った石たち | ホーム | またまたかもします >>


コメント:

すごいたくさん写真撮ってると思うけどなあ~。さすがにすごいスケールって感じで、雰囲気伝わるよ!ここらへんよりは安く買えるの?3月にWAYNEでミネラルショーがあるらしいけど、ここに行ったらもう行く必要ないって感じ?

Kyokoさん

そうかなぁ。なんとなく伝わったかなぁ。

石の値段はいろいろだね。
流石に沢山回ると質や値段が分かってくるので、
後から買ったものを改めてみると、
正直、お買い得だったものも損したものもある。

損とまでは言わないけど、
この値段でわざわざ買うほどでもなかった、
みたいなね。

Wayneのショーも当然行きたいよ~。
もちろん、そこにツーソンを期待はしてないけど、
どこに何が転がってるかわからないもの。
でも、相方は、「もう十分だろ~」と
ウンザリ顔してた(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。