プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変容のテクニック

先週の土日はマトリックス・エナジェティクス(以下、ME)のレベル1セミナーに参加しました。レベル2は引き続いて月曜にスケジュールされていたのですが、どうにもこうにも仕事が収まりつかなくて、金曜までもがいたけど断念。

MEとはDr. リチャード・バートレット(以下、Dr.B)が創始者である、量子論的手法による変容のテクニック。「ツーポイント」や「タイムトラベル」などといったテクニックにより場のマトリックスを調整し、本来の状態に戻します。リコネクションやシータヒーリングなんかともよく比較されるようです。

セミナー参加前、MEセミナーを取ったことのある私のレイキの先生とその友人と話したのですが、二人とも、「彼(Dr.B)は自由奔放ではじけてて、クレイジーよ」と、賞賛(?)していました。うん、確かに、「ファンキーでクレイジーなおっちゃん」でしたよ(笑)

セミナーは、Dr.B、お弟子さんのメリッサ、Dr.Bの娘さんのジャスティスの3人が交代に前に出て進行します。メリッサは、もともと製薬会社でバリバリの営業職だったそうで、とてもウィットに富み、話上手で説明が分かりやすいです。

メリッサとDr.Bはかなりのクレアボヤントなので、前に出て説明を行ってる方が、急にくるっともう一人をむいて、「うん、分かってる、それ、今言おうとしたところ」とか、言葉に出さずにかなりツーカーにコミュニケーションが取れていました。

娘さんのジャスティスはすらっとして、多分30代前半ぐらいなんだけど、カッコイイ姉ちゃん、と言った感じ。休憩時間に話しかけて、「そういえば、4月に日本でセミナーを予定してたけど、行うの?」と聞いたら、「あー、それは、うーん、私には分からないわ。不確定なことが多すぎて」と、しぶ~い顔をされてしまいました。。。その後、セミナーが7月に延期されたことを知りました。

ちなみに、Dr.Bの息子さんのネイト君も音響・ビデオ担当で来ていました。MEはシアトルがベースなのですが、ジャスティスとネイトは、グランジ系な感じのイカした兄弟です。

ま、そんな人物像はよしとして、今回のセミナーはまず、金曜の夜の公開デモンストレーションから始まりました。ここでは、さらーっとMEについて説明しながら、観客をどんどんステージに上げてはMEのテクニックで「変容」を起こしていきます。

MEの基本テクである「ツーポイント」は、体や空間のどこか2点をタッチし、瞬間的にリアリティーをシフトさせるものです。そこに、タイムトラベルやパラレルユニバースといったテクをを組み合わせて、問題が起こった時点に戻ってそこから変容を起こしたり、希望する変化のあるパラレルユニバースにシフトを行うんです。この他にもいろいろあるんでしょうが、レベル1で教えるのはそこまでです。

MEの施術は、クライアントが立った状態で行います。リアリティーがシフトする瞬間は、施術者も、施術される側もふっと感覚が変わるので分かります。施術される側はシフトが始まるとゆらゆら体が揺れたり、シフトの瞬間に体の力が抜けて後ろに倒れてしまいます。危ないので、施術の際は必ず後ろにキャッチの人が立ちます。

Dr.Bなどに施術されると、深く効いてしまうらしく、倒れこんだら15分から30分は立ち直れません。気絶する人もいますし、単にマトリックスの変化にフィジカルな部分が対応するのに時間がかかるので、意識はあってもボーっと横になったままの人もいます。

ただ、倒れるのは目に見える変化の一つなだけで、倒すことが目的ではありません。これは、リコネのレジスター反応の受け止め方と似てますよね。

金曜の夜はDr.B,メリッサ、ジャスティスの3人が、観客をステージに上げてデモを行いました。2時間のデモでしたが、どういう話の流れだったか、「観客で、エンジニアの人はいますか?」と挙手させて、その人たちをずらっとステージに上げると、名前や、仕事の内容など、たわいの無いおしゃべりをしながら、それぞれの「変えたい点」を聞き、それが肉体的なことであれ、心理的なことであれ、すっと相手の体に触れてはシフトし、バッタ、バッタと倒していきました。

壇上に上げられた人の中に、誰かにつれられてこの夜のデモだけ見に来たらしいインド人のおじさんがいました。彼だけは、頑なに変容を拒んでいるらしく、最終的に倒れることは無かったです。私の隣に座ってた女性は、心理カウンセリングが本業との事で、「ほら、私、彼の顔を見ただけで彼が拒んでるのが分かるわ、だから彼は倒れないのよ」なんて、言っていました。どんなに効果的なものでも、自分が受け入れなければやっぱり効かないんだなー。

長くなるので、とりあえずここまでで一区切り。実際のセミナーでの体験は次回に続く。

スポンサーサイト

<< MEセミナー1日目 | ホーム | オーラ・フォトを撮ってみた >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。