プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トム・ケニオン・エクスペリエンス

昨日は、NJ行われたトム・ケニオンのサウンドヒーリングのイベントに行ってきました。

トム・ケニオンは、4オクターブの声域を持つ、サウンド・ヒーラーであり、心理療法家です。

数ヶ月前、知り合いからこのイベントの情報をもらった時は、彼のことは「どっかで名前を聞いたことがあるな~」ぐらいしか知りませんでした。

右脳の活性化を行う音楽を出しているので、多分、ヘミシンクの音楽を探してて名前を見かけたんだと思います。

その少し後、エネルギーについての理解やグラウンディング強化のため、別の友人から「ハトホルの書」を読むように進められました。その著者がトム・ケニオンでした。

この本はちょっと古いし、トムはなかなか東海岸ではイベントを行わないらしいので、二つの別々のソースからほぼ同時に彼の名前が出たことに興味を持って、行ってみることにしました。

会場は400人以上お客さんがいたのかな。チケットは売り切れでした。

2時間のイベント中、右脳と左脳の説明を交えながら4~5回の演奏がありました。シンギングボール、小さなベル、ドラムなどを使いながら、彼が歌うと言うか、発声するんです。

声域の広さもさることながら、彼が発生する音の種類の多さにびっくりしました。

演奏中、客席は皆目をつぶるのですが、「本当に一人が演奏してるのか信じられなかったら途中で目をあけて見てもいいよ」と冗談で言うほど、彼は色んな「音」が出るんです。

演奏は、最初の三回ぐらいは・・・途中で意識がなくなりました。いい意味で飛んだんじゃなくて、多分、寝てしまった(笑)

最初のは低い声のマントラかなんかで、私にとってはあんまりリラックスするような音じゃなかったんですけどね。演奏が始まると空気が変わるんですよー。

で、最後の2回はなんと、シャーマニック・ジャーニーで、ローワー・ワールドとアッパーワールドへ行くことになりました。期待してなかったけど、ラッキー。

以前受けたシャーマニックジャーニーのワークショップでは、ドラムの音だけであちらの世界に飛んだのですが、今回はドラムを鳴らしながらそれぞれのジャーニーにあわせた「音」をトムが出していました。

今回のローワー・ワールドへの旅では、初めて人物に遭遇しました。今まで動物にしか会ったことがなかったのに。本当に人もいるんだな~。名前もちゃんと教えてもらいました。

でも、またもや説明をちゃんと飲み込んでなかった私。ローワー・ワールドのあと、改めて別でアッパー・ワールドへのジャーニーをするというのを理解していなくて、ローワー・ワールドの演奏のまま、自分で一旦地上に出て、アッパー・ワールドに上ってみました。

ある意味、これはいい実験だったかもしれない。ドラムの音だけでジャーニーするのと違い、トムはそれぞれの世界に合わせたサウンドで波長を作っているので、下の世界の音で上に上がろうとすると、見える世界も違ってくるんですね。

ちゃんと上の世界の人が見えるんですが、何かね~、画像が荒いと言うか、違う機種のソフトを無理やり読み込もうとしている感じ。なので、ちょっと気持ちが悪くて自分で地上に降りました。

で、改めて、アッパーワールドに行くことになり、天空世界といったイメージの音に切り替わると、エネルギーがパーッと軽くなって周りの人が一斉に上に上がっていく様子が見えました。

で、自分も上に上がると、今度はちゃんとしたアッパーワールドを見ることができました。

前回、私は自分のティーチャーを探して雲の上を走り回ったので、その辺の天使に「静かにしなさい」とたしなめられたのだけど、今回はその人たちに手招きされて、なんとギフトをもらってしまった!意味も教えてもらったけど、めっちゃいい感じ。

でも、あっち行って、こっち行って、いろんな人に会って、アイテムゲットって、なんだかちょっとドラクエっぽいな(笑)

んー、眠りこけてボケボケなイベントだったけど、今こうやって書いて振り返ってみるとすごい体験だったかも。トム、不思議な声をありがとう。

やっぱり、シャーマニック・ジャーニーは楽しい。
スポンサーサイト

<< 想念の重み? | ホーム | 1からはじめるキネシオロジー >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。