プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画2本立て

やっと3連休。いえい。

今日は昼間、友人一家とランチに出かけていましたが、帰ってきてやっとキネシ仲間で話題になってた『ブラック・スワン』を見る時間ができました。慶太さんは絶賛して2度見に行き、他の皆さんも1キネ後に見た、見た、とそれぞれに仰ってたブラック・スワン。

もともとはタイトルしか知らなかったので、全く想像してたのと違うタイプの映画でした。昨日あさみさんのとこで感想を拝見し、リンクからトレーラーも見たので、サイコスリラー物ってのだけは分かってましたけど。

主演のナタリー・ポートマンが演じるのはNYの一流バレー・カンパニーのバレリーナ、ニーナ。次の『白鳥の湖』のスワン・クィーンに抜擢されるのだけど、プレッシャーのせいで自分のダークな面が露出し、どんどん壊れていく。

ニーナの余裕のない生真面目な性格や緊張感が伝わってきて凄く痛々しかった。それだけナタリーの気迫迫る演技が素晴らしかったし、踊りもすごかった。

厳しいプロのバレリーナの世界。本当にああいう風に追い詰められる人が居そうだな、なんて思いながら見てました。もちろん、プレッシャーのあるところなら、ああやって人間の精神が壊れるのはどこでも起こりうることですが。

で、まぁ~ったくノリが違いますが、ブラック・スワンの後に、このところずっと見たかった『おもひでぽろぽろ』を続けて見ました。ジブリの1991年の作品です。何度か見たことはあるんですが、無性にもう一度見たくてウズウズしてたんです。

初めて見た時は若かったので、ジブリにしてはあんまりかなぁ、という印象だったのですが、30超えてから改めて見たときに、主人公タエ子の子供時代のストーリーラインが妙にノスタルジックで、とってもキューンとしてしまいました。それ以降、お気に入りの映画です。

あと、交差しながら進む大人になってからのタエ子のストーリーも、山形での農作業風景や、そこで出会うトシオさんの好青年ぶりがとっても心地良いです。

トシオさん、今から20年も昔に山形で「有機農業」やってましたよ。今思うと先見の明がありましたねぇ(笑)

個人的すぎてここでは詳細を書けないけど、今日見た映画はそれぞれ自分にとって凄くメッセージ性が強かったです。おもひでぽろぽろで?と言われそうですが、このところ周りから指摘されたり教えられて気づいたことのダメ押しみたいで、アイタタタ、と思うことがあったのです。

おもひでぽろぽろ、お勧めですよ~。自分はタエ子より一回りぐらい後の年代だけど、小学生の時のストーリーはとっても昭和チックで、懐かしい気持ちになります。
スポンサーサイト

<< 悪いところをもんでみる | ホーム | 久々のレイキ by 相方 >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。