プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロリダ行ってましてん

ロングウィークエンドを取ってフロリダのAnna Maria Islandへ行って来ました。フロリダの西側にあり、タンパから1時間ぐらいです。

初日はそこから更に1時間半ぐらい下ったVenice Beach というところでサメの歯の化石拾いをしました。ここは波が荒くて貝殻などが結構打ち上げられるのですが、その中に混ざってサメの歯の化石が落ちているというのです。

2年前にもそこから更に2時間ぐらい下ったところにあるSanibel Island に行きましたが、そこも波が荒くて貝殻拾いで有名なところでした。とにかく、ビーチが貝殻でジャリジャリ。

Venice Beach では、車で何度か場所を移動しながら計2時間ぐらい海岸を散策。来てる人は、四角っぽい籠に柄のついた道具でじゃりっと砂や貝殻をすくい、海水でじゃばじゃばと砂を洗い流し、お目当てのブツがないか効率よく探していました。

私たちは、貝殻の合間に黒いものがあると拾ってみる、というマニュアル方式でやっと3つだけ見つけました。こんな風に真っ黒になってるんです。


Shark teeth


もっと象牙質な色のを想像していたのですが、こういうのは初めてみました。Venice Beach で採集されるのはこういった黒いものだそうです。ちなみに、かなり拡大してますが、拾ったものの実物は1.5~2cmぐらいの小さなものばかりでした。

その後、Anna Maria Island へ向かい、北上。お宿は Tortuga Inn という、ビーチまで目の前の道路を渡って約30秒の場所。

Anna Maria Island のビーチはVenice Beach よりも波が全然穏やかで、遠浅ではないけど、水深の浅い部分が浜から結構長いので、子供連れとかでも安心して遊べそうなビーチです。


AMI beach


こんな感じの白い砂浜がずーっとずーっと続いています。これは朝ですが、昼間もそう混み混みというわけでもなく、パラソルの下で割りととのんびり出来たと思います。

今は海がめの産卵シーズンでもあり、Anna Maria Island も産卵場所になってるんだそうです。ビーチではちらほらと産卵場所の目印があります。杭には産卵日と孵化の予定日が書かれています。


Turtle nest


海がめって、満月の夜に産卵するイメージだったのですが、月の満ち欠けには関係なく産みに来るようです。朝一番で散歩した際に、Sea Turtle Watch の人たちが海岸をチェックしていました。


Turtle watch


地元の新聞には、期間ごとの産卵数、孵化数、フォルスクロールの数、等が書かれています。フォルスクロールとは、浜に上がってきたんだけどやっぱり産むのやーめた、と海に戻っちゃうやつ。浜に海がめがのそのそ歩いた後があるので分かります。

海がめの他にも、いろいろな生き物がいて、水に入っていると白っぽい色々なサイズの魚が近くを泳いでいましたし、浜から10メートルぐらいのところをマナティーがゆらーっと泳いでいく影をビーチから見かけました。そう、ここAnna Maria Island の郡名はマナティー・カウンティーと言うんですよ~。

ビーチで釣りや網で魚を捕まえてる人もいて、夕暮れのビーチでわーわー言ってるちょっとした人だかりを見に行ったら、エイのちっちゃいのが捕まっていました。(すぐ逃がしたみたいです。みんな気持ち悪がってた)


ei.jpg


鳥は、とりあえずビーチの辺りではペリカン、アジサシ、サギを良く見かけました。アジサシはRoyal Tern という、頭の黒いこのタイプがメインのようです。


Royal Term


あと、この大きなサギがのそーっ、のそーっ、とその辺で魚を狙っています。


Sagi.jpg


このサギの後ろ姿が笑えるんです。一体、何頭身でしょうか。


Sagi back shot


夕日が落ちた後、細い月とサギを撮ったらなかなかいい感じになりました。綺麗だったので、同じようなものばっかり、沢山撮っちゃった。。。

sunset with moon at AMI


夕日は、毎日その様子が違い、私たちの滞在中は初日が一番空気が澄んでいてクリアな光景でした。最終日はかなり雲がでて、ぼやっとしたものになってしまいましたが、日が落ちる瞬間、空に天使の羽のような白い雲がすっと伸びていました。


feather in the sky


今回は初めてパラセーリングもしてみました。3人まで同時に飛べるらしいので、乗り気でない相方も道連れ。この写真は同じボートで行った別のグループの人が撮ってくれました。


parasailing.jpg


上のパラシュートはドクロマークでなかなかかっちょいいです。


dokuro.jpg


何か海洋生物が上から見えないかなぁ、と期待しましたが、何にもいませんでした。ざんねーん。何もいないもんだから、途中から飽きてきて、「飛行機に乗り、パラセーリングもしたから、ピッタ/カファの私はこれでヴァータが上がったんだろうか」とか、どうでもいいことを考えていました。

さて、3泊で行った今回の旅行中、ベッドが北枕だったせいか、2日目と3日目の夜は疲れているのに全然熟睡できず、朝早くから散歩に出かけました。2日目は相方は爆睡していたので、日の出を待って一人でそっと出かけました。

人気のまばらな浜辺で、私が一人したこと。それは。。。ドルフィンを呼んでみること。だって、ドルフィンはテレパシーが通じるというじゃないですか。Anna Maria Island はあんまりドルフィンツアーはメジャーじゃないみたいですが、もっと上の方の島からは沢山ボートが出てるし、海は繋がってるもん。

足先だけでも水につけたほうが水中テレパシーが伝わりやすいかしら?とか思いながら歩くこと30分強。

ふと沖合いに目をやると、んんっ、ナンカいた!!でもすぐ水中に戻っちゃう。じーっと見ていると、またひょいっと水面に姿が。もしかしたらサメかも?とも思いましたが、ひょっこり、ひょっこり波間に現れる様子はまさしくドルフィン。

古いコンパクトデジカメなので、望遠も限度がありますが、やっとタイミングを合わせて写真をパチリ。


Dolphine and boat


えっ、ち、小さすぎ?でもほんとにドルフィンなんですよ。拡大するとこんな感じ。


Dolphine.jpg


一度に見えたのは1頭だけだったので、複数だったのか、ホントに1頭だけで現れたのか分かりませんが、暫く居てくれました。なかなかの感動でした。野生のドルフィンを見たのは初めてかもしれない。

今回の旅行でドルフィンを見たのはこの時だけ。翌朝は相方も散歩についてきましたが、その時も現れませんでした。テレパシーが通じたのか、単にラッキーだったのか、この際どっちでもいいや。

Anna Maria Island は、特に何があるって訳ではないので、遠方からのバケーションスポットとしては有名ではないようです。どちらかというと、フロリダ内の人がビーチ目的で行ったり、後は退職したお年寄りが多かったり。

旅行中、日本人を一人も見ませんでした。相方も行く前にリサーチした限り、日本人でブログ記事なんかにAnna Maria Island の事を書いてる人は地元の人が多かったそうです。

私たちのように、夜お酒を飲みに行きたいわけでもなく、ただ日がな一日ビーチでのんびり過ごし、早寝早起きな(老人みたいな?)休暇をしたい人にはいいトコでしたよ。
スポンサーサイト

<< ホタル1号 2011 | ホーム | 悪いところをもんでみる >>


コメント:

No Subject

素敵な週末でしたね~!
海はいいですね。ブログを見てるだけで、癒されちゃいました。

サギっていうと、白くて繊細で美しいイメージしかなかったんですが、
この子は、なんとも、コミカルで愛らしいですな(笑)

ドルフィンとのコミュニケーションも、
よかったですねー^^

No Subject

タンパから一時間でこんな奇麗なビーチがあるんですねぇ!
海がめも産卵にくるなんて・・すごいですー

No Subject

橙子さん

ご存知のように私は山育ちだから、海辺に住みたいとはあまり思わないけど、たまに南の方のビーチに行きたくなるのね。(あ、でも、Wakaさんの環境はうらやましいなぁ。。。)

このサギは1メートルぐらいあって背が高いの。白いサギもいたけど、そっちはもっと小さくて動きが早いので、うまく写真撮れなかった(笑)

ドルフィンはね、ラッキーだった。絶対に相方が疑うと思って写真とるの必死よ。「このファインダーの位置に収まるように出てきて~」とお願いしたらやっと撮れたから、やっぱりテレパシーかしら。


No Subject

ガンガンガン速さん

初めまして。

そうですね、やっぱりフロリダはいろんなビーチがあるんですね~。ここは Low Key な雰囲気ですけど、のんびりできましたよ。

特段ツアーに参加しなくても、運がよければ海辺の生き物と遭遇のチャンスもありますし。

家に帰ってから、ビーチで朝散歩した距離を調べたら、どうやら4マイルも歩いていたようです。普段運動不足なのに、気持ちがよいのでどんどん足が進んでしまいました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。