プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリームキーパー

DreamKeeper.jpg


ドリームキーパーという2003年の映画を見ました。劇場公開用ではなく、テレビ用に作られたもののようです。3時間ぐらいあるなかなかの大作です。

主人公は、サウスダコタにあるラコタ族の居留地に住む17歳のネイティブアメリカンの青年シェーンと、ストーリーテラーであるそのおじいさん。

シェーンは好きな女の子に指輪を買うために地元のギャング借りを作ってしまうような、ちょっとどうしようもない青年。その彼が、嫌々ながらもおじいさんをアルバカーキで開かれるパウワウ(ネイティブ達の集会/お祭り)に車でのせていくことになった。

道中、おじいさんはシェーンを諭しながらネイティブのいろんな伝説を語ります。ドライブする現実のシーンとおじいさんが語るいくつかのお話が交差し、オムニバス的です。

冒頭シーンはネイティブのビジョンクエストから始まります。ビジョンクエストとは、ネイティブの人達の通過儀礼で、数日間、食べ物や飲み物を持たずに自然の中で過ごし、覚醒した状態でスピリットなどからメッセージ、いわば「ビジョン」を受け取るもの。大人になるための神聖な儀式だそうです。

現代では、ネイティブではなくても、ビジョンクエストをする人がいて、以前それを知ったときに強く引かれる自分がいました。

と、いうか、現実的には全然やりたくないんだけど、ビジョンクエストのことを考えると、違う次元でまさにこれからクエストに行かなくてはいけない、という緊張感とワクワクで鼻息荒い自分を感じて、過去世でそれを経験してるのかなぁ、と思ったりします。

これを見ながら、去年、アンテロープキャニオンへ行った時、ネイティブのガイドのおばさんから聞いた話も思い出しました。どこかの撮影クルーのカメラが急な鉄砲水で流されたってやつ。あのおばさん、そうなるのは当たり前だって言ってたけど、あれ、本気で言ってたんだな、ってつくづく思いました。

おじいさんが語る伝説を通じ、見えない世界を当たり前のものとして生きる、伝統的なネイティブの人たちの生活を垣間見れて、とっても興味深かったです。個人的には今まで見た全ての映画の中でもかなり上位に入るぐらい、気に入ってしまいました。

先日自分が夢で見たメッセージと関連するような台詞もあったりで、ドキっとしたし。

ネイティブ文化に興味があるかないかで、評価がぱっくり分かれる映画かもしれませんが、スピリチュアルなものに興味がある人にはとりあえずお勧めしちゃうかな。
スポンサーサイト

<< 懐かし~い曲 | ホーム | イチゴ狩りと庭の訪問者 >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。