プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カモワンタロット再び

IHキネシセミナー中、ラッキーなことに、2日間だけインストラクターとして日本からいらしていた斎藤雪乃さんからカモワンタロットをして頂く機会に恵まれました。

実は、5月の1キネの時も、セミナー後の打ち上げの際に雪乃さんからカモワンタロットをして頂いたのですが、その時は自分自身の方向性がグラグラだったので、相談のお題すらまともに決められないような状況でした。

前々から書いているように、ずっと今の仕事を辞めたかったので、その時もそれについて聞きたかったのだけど、だからって他にこれといってやりたい事があるわけでもなし。何かしらスピリチュアル系のことをしたい思いつつ、でもヒーリングは考えていないし、何と聞いていいのか言葉にならない。難産の挙句、雪乃さんの助言もあって「人が光を見出すサポートをすることを仕事としたらどうなるか」というのを占ってもらいました。これもまぁ、か~な~り~ぼんやりとした質問です。

カモワンは普通のタロットと少し違い(多分ね。私の限られた知識ですが)、過去、現在、未来の3枚のカードを最初に引き、その内容によってアドバイスや解決のカードをそれぞれの下にどんどんと引き足していきます。カードの人物に目線のあるものがあり、それが出るとその目線の方向に新しいカードを引き足すのです。逆位置の時も引き足すのかな。相談内容の原因が広範囲にわたるのか、根深いのか、によって、カードが横へ、または下へ向かって広がっていきます。

5月のリーディングの際は、横と下へ取りとめなくカードが広がってしまい、挙句の果てには1枚のカードを残して「これは解読不可能。今は回答が出せませんね」と言われてしまいました。そしてその引けなかった1枚のカードはお金を示すカード。混沌としていて答えが出ず、更にお金は引けないという、かなり落ち込む結果に。。。今まで解読不可能だった人はたった3人目だと言われました。

このすぐ後にご自身のビジネスを占ってもらったあさみさんは、たった数枚でリーディングが完結していたので、それを見ながら、やっぱりちゃんと方向性を持って勝負かけてる人は違うなぁ~、と更に落ち込んだのでした。

その後いろいろとあり、自分は少なくとも当面は今の仕事を続けたほうが良いのだ、という気になって来ました。と、いうか、まぁ、気づくのが遅すぎるんですけどね。友人Jさんには数年前から、そして先日リーディングを受けた節さんにも、インド占星術のプラサナンさんにも、今の仕事は私に合っているから続けるべきだ、と言われてるんですから。。。

冷静に考えれば、何も考えずにはじめた割には今の仕事は自分の性質が最大限生かされる仕事だと思う。外に出て人と会ったり、臨機応変に自分で判断して何かをするのではなく、決められた規律の中で同じような事を繰り返し、ある程度の語学力が求められる今の仕事。臨機応変でなく、優柔不断でネクラで、語学の好きな私にはぴったりなのだ。

今まで自分は文句ブーブーだったりするのに、なぜか本来のパフォーマンスよりも常に良い評価を受け、実力より良いポジションや待遇を与えられ、ずっとそれが心苦しかった。純粋にそれを「ラッキー」と思えないのは、ひとえに私の自信のなさ。

いろいろな人からこの仕事は合っていると言われたけど、自分自身の心が「うん」と言わなかった。でも、この間のインド占星術のリーディングの時、私はいまの仕事を始める数年前から「ラフ」というチャレンジングな期間に入っている事を聞かされた。そのため、好きなことや自分に合うことをしていても、しっくり来ないことがある、との説明を受けた。それを聞いてなんだかすごく腑に落ちたんですね。

ってことは、今まで嫌だ嫌だと言いながら続けて来て、それなりになんとかなってきたこの仕事を、もっと真っ向から受け止めてちゃんと取り組んだらどうなるんだろう?という疑問が沸いて来た。それがここ1ヶ月ぐらいのこと。

そんな折に雪乃さんのNY訪問。これはまたタロットをお願いするしかない。なんだか仕組まれたかのように、リーディングをお願いするタイミングと実際にリーディングして頂くタイミングが整って、セミナー中のランチ休憩の間に改めて占っていただきました。今回のお題は、「現在の仕事を本腰を入れてやったらどうなりますか?」

で、結果ですが、一言でいうならばめっちゃ潔い。

過去カードだけ、うまく行っていなかったことを示す逆位置のカードが出ました。それでその理由を探るカードを2枚めくると、仕事に楽しみを見出していなかったことが分かりました。

現在のカードは、パワーがみなぎっている事を示すForce の正位置。そのカードは視線があり、未来のカードの方向を向いていました。

未来のカードをめくると、出たのは勝利や成功を表すChariotの正位置。そのカードにも視線があり、現在のカードであるForce と見つめ合っている形になっていました。

たった5枚のカードでリーディングが完結。今までウダウダゆうとったけど、ほれ、ちゃんと真っ向からエナジー注いでやらんかい、上手くいくさかいに、ということのようです。

過去の理由のカードの1枚には雪乃さんが「キネシのカード」と呼んでいるものが出ました。そして、仕事上で迷うことがあったら、キネシを使ってみたら?とのアドバイスも得ました。

なんだかあっけないほどの短いリーディング。もっとカードが出ると、雪乃さんはキネシを使って読み残しがないかをチェックしながら進めて下さるので、傍からみていてもかなり面白いリーディングになるのですが、たった5枚だったので、ものの数分で終わってしまいました。でも、とってもスカーッとした。5ヶ月ぶりにモヤモヤが晴れた感じ。

インド占星術の結果も含め、今までのことをご存知のあさみさんはこのリーディングを横で見ていた、「だって、今までいろんな人に(この仕事は合うって)言われてたんだもんねぇ~」と言われ、後から結果を伝えたずーみーちゃんにも、「っていうか、Jさんというアドバイスくれる人が身近にいながら、なんでいままでそんなに仕事嫌やったん?」とあきれられたけど、仕方無いじゃん、もう10年以上も「ラフ」中なのだからさぁ。。。

IHセミナー中の練習セッションでは、セルフコンフィデンスやらマルチタスキングの苦手意識やら、いろんな角度から仕事いやいや病改善に結びつく問題に取り組んだので、これからはもうちょっと楽に仕事ができるかな。。。

に、しても、カモワンタロット面白すぎ。これは是非習得したいです。
スポンサーサイト

<< 練習第一号 | ホーム | IHキネシ、やっぱすごい >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。