プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら#32

11月24日は感謝祭の祝日で週末まで4連休です。そしてその祝日前日、今までお世話になった奥歯の一本とグッバイしました。右下の一番奥、32番の歯です、

色んな歯が悪すぎて、この特定の一本の治療ヒストリーをはっきり思い出せないけど、憶えている限り、神経治療したり、2度もクラウンを作ったり、いろいろ手がかかってる歯でした。

でも、根っこにヒビが入っていて、それが原因で長いこと歯茎が炎症を起こしていました。いろいろ試して奇跡的にヒビが消えてくれないかしら、とか思っていたのだけど、残念ながらこの夏ごろからだんだん悪化。あまり炎症が長引くと歯茎がダメージを受け、将来的にインプラントを行うというオプションを失うことになると歯医者から言われ、随分抵抗したんだけどついに降参。

でも、抜くことを決め、過去の抜歯経験のトラウマについて友人でもある歯医者に相談したところ、とても良い口腔外科の先生を紹介してもらえました。診察台に寝て、麻酔で眠り、起きたら全部終わっていました。

親知らずと頑固な乳歯を含め過去に3回は抜歯を経験してるけど、こんなにあっけないのは初めて。なんていうのかな、寝てる間になんか凄く痛い事をされたって感じもしないんです。そして完全に麻酔が切れた後も痛みが全然無いんです。なんで?歯を抜いたのに、とても不思議。親知らずのときはとても顔が腫れて何日か寝込んだけど、顔も全然腫れない。この不思議感、誰かに体験して欲しいぐらい。

私も含めIHキネシオロジストの人達の多くはあるツールを持っているのですが、今回は抜歯痕にそれを使っていることもあって回復状況も上々です。サンクスギビングディナーのあんこう鍋も食べ過ぎぐらい食べることができました。そんなタイミングではを抜くなんて、ホリデーフィーストを食べ損ねるよ、と周りから心配されたけど全然OKでした。

あとはね~、インプラントが保険でカバーされたら良いのだけど、これがカバーされなくて自腹なんですねー。歯の痛みはなくなったけど、懐的にはかなり痛い額。ああ、新しい奥歯が生えてきてくれないかしら。
スポンサーサイト

<< IHを練習したは良いけれど | ホーム | 落葉掻き2011 >>


コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。