プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマポット

個人的、突発的アロマブームによって、引越しの段ボール箱に入ってずっと地下室で眠っていたものが日の目を見ました。

むか~し作ったアロマポット。

aroma pot 2


今から10年ぐらい前の作です。当時の私はアロマのアの字も無かったのですが、他の人が作っているのをみて、ただ作ってみたかったんです。随分前に捨てようかと思ったけど、活用する日が来るとはね。取っておいてよかった。

当時、アロマポットなんて使ったことがなかったもんで、今実際に使って初めて「皿、浅すぎ!」と気づきました。

上に乗っけてるお皿が浅すぎてお水があまり入らない。中に入れるティーキャンドルが新しいうちは炎の位置が高く、水の蒸発も早いので、空焚きにならないよう、一般的なアロマポット以上に目が離せない。

あと、使った粘土は特別に熱衝撃に強いタイプではないので、お水の量が少なくなって皿の温度が上がっている時に慌てて冷たいお水を注ぎいれると、急激な温度変化によって皿にヒビでも入りかねない。

折角アロマ焚いてるのに、こんなに火加減、水加減に気ぃつかっててリラックスできるんかいな、と一人で突っ込んでみる。皿の浅さ以外は気に入ってるんですけどね。色も、写真よりもう少し紫がかっているんですよ。

もう一つ同じ粘土と釉薬で深めの皿を作ったような気がするんだけどなぁ。あれは捨てちゃったかな。この薄めのお皿の方が、見た目が良かったので、これを本体と一緒にして新聞紙に包み、引越しのダンボールに入れたんですよね。

ちなみに、後ろにはキャンドルを入れるためのかまくらの入り口みたいな穴がぽこっとあけてあります。お皿を取るとこんな感じ。

aroma pot


あ~、新しいの作りたい。(っていうか、買うほうが安いんだけど。。。)
スポンサーサイト

<< 塩チョコ | ホーム | まだ石鹸やアロマの話は続く >>


コメント:

可愛いじゃない!私も1人キネシでスキャンチャートの中から目標達成にアロマが出るのでアロマポットを何カ月も探してる、日本のみたいな感じの可愛いのが欲しいんだけど、ここでは探せてないよ。作るとなると何処で作るの?

ありがとう。見た目はそれなりに、だったけど、
実用性が伴ってなくてちょっと残念よ。

やっぱり、こっちってカワイイアロマポットないよね。
自分で作りたかったらどこかCeramic Studio を
探してみたらいいと思う。
前行っていたところはある理由でお勧めしないんだけど、
参考までにメールで情報送るわ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。