プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけ

この辺りで私がスピリチュアルの世界に触れることになったきっかけを綴りたいと思います。

3年ほど前、職場の環境が変わり、また自分も郊外に引っ越したため通勤にとても時間がかかるようになりました。仕事の量やプレッシャーも増え、要領の悪い私は勤務時間より早く出社し、毎日残業し、更に週末も10時間ぐらい家で仕事、という生活になってしまいました。仕事や上司への不満もあり、同僚と毎日文句ばっかり言っていたので、今から考えれば余計に能率も悪かったと思います。家に帰れば相方がいますが、家に帰っても仕事の不満か、体がつらいことばっかり言っていました。

高年齢出産ゾーンに突入しかかっていた私としては、子供でも出来なければ仕事は辞めるきっかけがないし(職種自体は好きなので)、でもこんな風に仕事してたら絶対妊娠なんか出来ないし、という堂々巡りで、ストレスが募っていきました。

そして、一昨年の終わりぐらいから、「誰かちゃんとした(=インチキではない)サイキックの人に相談して、一度頭の中を整理し、進むべき方向をはっきりさせたい」と強く思うようになりました。自分はまったく霊感は無いですが、見えない世界は信じていたし、過去にも分岐点に立ってとても煮詰まったとき、知り合いの知り合いの知り合いというサイキックの方に少しアドバイスをもらい、楽になったことが有りました。

ずっとそんな状態が続いた去年の7月、2年半ぐらい音沙汰が無かった友人とFace Bookを通じて連絡がつきました。彼女のプロフィールを見ると、ブログアドレスがあり、読んでみると彼女は連絡を取り合っていなかった間にサイキックになっていたのでした。

厳密には、それよりもっと前に能力が開花していて、そういえば、最後に会ったとき、そんなことが出来るって、ちょろっと言っていたけど、その時は丁度、私の職場環境が変わる直前で、特に大きな悩みもなく、彼女の本業はアーチストなので、へぇー、と思っただけで、そのことは忘れていました。

まるで引き寄せの法則を体現したかのように彼女がポッと現れ、いろいろと話を聞いてくれ、自分がとるべきアプローチをアドバイスしてくれました。(彼女に言わせると、私が念が強い方らしいです)一度話し出したら携帯の電池が切れ、固定電話に切り替え、その受話器の電池が切れるまで、何時間も話を聞いてもらったりしました。

今振り返れば彼女が現れたタイミングもばっちりでした。今でこそ毎日多忙な彼女ですが、当時は本人の生活がトランジションの時期で毎日時間があったので、いつ電話しても気が済むだけ話を聞いてもらえました。そして、目に見えない世界、自分とは異なる次元の世界があることを彼女を通じて確信し、また、世の中に彼女のような力を持った人や持っていなくても肯定的な興味を抱いてそれを学ぼうとしている人がとても沢山いることを知りました。

仕事に対する具体的なアドバイスとしては主に、私はとにかく気負いすぎていて、変な責任感で自分の能力以上に色んなことを抱え込んでいる、また、職場のデスクに書類が散らばっていて、それでは集中力が欠けるから、もっと生理整頓した方が良い、といったことを言われました。それはもう、仰る通り、本当に私はそういう状態でした。

職場の後輩を助けてあげなければ、私がしっかりしなければ、という気負い。私がこんなに頑張っているのに、アナタは何でそんなにいい加減なの?という上司への苛立ち。そしてさばき切れず散らばったデスクの書類の山。日々、ミスで落ち込む自分。

それを指摘されてから、余計なことに首は突っ込まず、まずは自分のデスクを出来るだけ綺麗にし、自分の仕事をこなすことだけに集中するようにしました。それまでは、いろんなコトにでしゃばって、口を挟んでいました。

去年後半はまた、自分を成長させるきっかけが他にもあり、そういったことの積み重ねで自分の考え方が代わり、だんだんと仕事を楽しめるようになってきました。特に、年が明けてから、超多忙にも関わらず、ストレスを溜め込むでも無く、さくさくと仕事をこなせていて、今はある種快感。体力は無いから、クタクタに疲れてはいますけどね。

そして先週その友人と電話で話していたら、「以前と波長が変わったね、前よりもグラウンディングが出来てるし」と言われたのでした。グラウンディング具合はまだまだなんだそうですが、以前より全然ましらしく、実はそれは私も実感していたことでした。そうでなければこういう風に仕事を進められないからです。毎日気持ちも落ち着いています。上司に対する苛立ちも減り、後輩もみんな優秀なので放っておいても大丈夫なんだと気づきました(遅っ!)。

こんな風にスピリチュアルの道が開け、今こうしてブログを書くに至りました。これを読んで下さる方がいることに感謝です。

長い文章にお付き合い有難うございました。
スポンサーサイト

<< アバターのパンドラの森にうっとり | ホーム | プレイステーション? >>


コメント:

わぁ~

数年前のご様子、まるで、自分のことのようです。自分が仕事を抱え込みすぎるところとか。ほんとうにもう^^他人の仕事も、自分の仕事だと思っちゃってて、一人で、大変がってて、そのくせ、手伝ってもらうのが苦手で、ヘタしたら、私の仕事取らないで、くらいに思っていたかもです。(無意識に。)なので、とても参考になりましたし、私も、Nora Katさんのように、手放して、楽になりたいです~!

以前は、グラウンディングのグの字もわからず、ただ、ヘタっているだけでしたが、今は、相変わらずヘタっているものの、自分はグラウンディングが足りてなかったんだ、という自覚と、グラウンディングしたら、もっと楽に生きられるんだということがわかったことと、グラウンディングの方法がいくつもあることを知ったことが、以前との違いです。

私もいつか、グラウンディングが強化された自分を実感してみたいです^^
お話をシェアしてくれて、感謝です☆

橙子さん

いえいえ、私もグラウンディングのグの字も分かっちゃいないんですよ。ただ、前と違う、何か楽だな、という感覚で捉えていただけで。

そう、手放すの難しいですよね。こんなこと書きながら、つい先週も他の人に頼めばいい事を頼めずじまいで、また仕事が積み重なっちゃいました。気をつけなければ。

でも、以前は「私がいなきゃ、うちの課の仕事が進まない」と思い込むぐらい重症(笑)でしたが、今は、「私がいなくなってもどうにかなるな」と思えるようになったので、一つ学んで、また前に進むべき時がそのうち来るのかな、と思ったりもしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。