プロフィール

norakat

Author:norakat
Nora Kat:NY近郊に猫2匹&相方(夫)と在住。ウォール街の近くで働いています。猫、ガーデニング、手を動かすことが好き。スピリチュアルの道をぼちぼち歩んでいます。

さくら(左):2008年1月に2歳弱で我が家へやって来た。やさしい性格の女の子。きまぐれで癒し系。

よもぎ(右):さくらの娘。さくらと一緒に一歳弱で我が家の子となる。マイペースで食いしん坊。

最新エントリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

最新コメント

アーカイブ

リンク

サーチ

QR コード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい先生で鍼治療

ハリケーンの余波で会社のビルがまだ復旧せず、今週までずっと自宅勤務だったので、腰痛治療に近所の鍼灸院に行ってみました。そこは以前お世話になったリアルターさんの花粉症が治ったという鍼灸院。

先日みかさんのリフレを受けた際に腰痛について訴えると、足をもみながら「確かに悪そうね。骨盤も含め、腰周り全体をヨガとかして柔らかくすると良いよ」と言われました。でも、その後私の腰に手を当てた瞬間、「あ、これはかなり悪いわ、ここまできてるとヨガは逆に危険だから止めたほうがいい。マッサージでもその辺の人に触らせない方がいいですよ」と、結構深刻なレベルであることが判明。

否が応でも加齢は避けられないし、うちは両親も腰痛持ちだし、こんなもんだと自分では思っていました。でも思ったより状態は悪いらしい。それで、鍼治療はどうかと聞くと、それなら良いだろうと言われ、機会を待っていました。

タロットの精霊のクラスでも、こっちから聞いても無いのに精霊の方から「あなた、腰がずれてるわよ」と、指摘されたし。正義のカードの精霊だったので、剣をキランと光らせて、「鍼で刺してもらっといで」と。

以前マンハッタンでお世話になっていた鍼の先生は日系の同世代の先生だったけど、今回の先生は年配の中国人女性。今回の診察体験はザ・チャイニーズワールド全開。

鍼灸院のオフィスに着くと、先生が受付のおじさんと談話していました。彼も中国人。予約電話を受けてくれたもの彼だな。ご夫婦とかなのかしら?4時の予約のものです、と伝えると、脇にいた先生が名のるでもなく、まずは先制パンチ。「Are you Chinese?」 いや~、普段、周りに初対面で名前の前に国籍を聞いてくるタイプの人が居ないので、新鮮。

受付の用紙を数枚渡されると、全て英語と中国語で表記されている。なので、逆に英語だけより見やすかったりする。名前や連絡先、保険情報のあと、延々と3ページぐらい病状・体の不調のリストが続く。それが当てはまるかどうか、YES/NOにチェックするようになっている。

生真面目に延々とNoにしるしをつけていて面倒になったので、受付のおじさんに、「これ、全部チェックしないとダメなのよね?」というと、「あ、大丈夫、大丈夫、大事なのは名前と住所だけだから」だって。エ~っ? いい加減なようではあるけど、このおじさんはとても親切。

診療ルームは幾つかあり、おじさんについてその一つに通される。すぐに先生が来てどこが悪いか聞かれ、2年来の腰痛を訴える。すると、舌を見せるように言われ、んべっと出した舌を見るや否や先生は 「Your energy is low!」

んんん、まぁ、多分そうだよね、と思いつつ、「確かにそうかもしれないですけど、普段は通勤と仕事で疲れ切っているところ、ここ2週間ぐらいは自宅勤務だったので、普段よりマシなはずですが」と言うと、先生は少々呆れた表情で「This is not something recent. It’s from five years or maybe ten years ago!」とばっさり。舌を見た一瞬だけでストレス三昧でヨロヨロなこの10+年がバレた・・・

そして3月に体調を崩したこと、流産の経験、その他婦人科系の症状など、聞かれるままに少しだけ自分のことを話すと、「Your body is cold」と今度は冷え性を指摘。ふくらはぎ中央辺りの内側をぐっと押し、「Is this sore?!」 いいいい、痛いです!

先生曰く、冷え性なので妊娠したとしても胎児を胎内にホールドできない、とのこと。あ、そういえば、みかさんからも、「体が冷えてますね~、なんでこんなに?」と聞かれたんだった。でも、普段冷えには人一倍気を使ってるつもりなのに。

アイスクリームは食べるの?と先生聞かれ、「ハイ」。よく、パイとか焼菓子系デザートを食べる時にバニラアイスを添えている我が家。ほら~、と言わんばかりの顔で、「No more ice cream!」、とアイスクリーム禁止令。氷や雪の上に植物は元気に育たないでしょ、と。そして、もっとパワーをつけるために「You have to eat big breakfast and big lunch」と言われました。魚介菜食主義って事を言うタイミングがなかったけど、それはどうなんだろう・・・?

更には、「You are not sleeping enough!」 はい、その通りです。普段の睡眠は6時間ぐらいで、猫が一緒にくっついてきたりするので時間が短いだけでなく、睡眠の質も悪い。

そして、「Take off your pants!」と言われGパンを脱ぎ、そのまま診察台に横になる。診療用ガウン的なものはやっぱりここには無いのね。しかも先生、診療ルームのドアがきも~ち開いてやしませんか???

そんなことはお構い無しに、太もも前面の真ん中あたり、さっき押されたふくらはぎ内側中央、そして足首のあたりの3点をいちいち 「Is this sore? Is this sore? Is this sore? 」と聞きながら先生は押し(もちろん激痛)、それらの場所に鍼を打っていきました。下側の2点の鍼には電気も通してもらい、つま先側からは温熱ランプ。

私の冷えにはそこまで細心の注意が必要なのか、足首に鍼を打つ際は、「靴下脱ぎましょうか?」というと、「NO!」 靴下を足首下まで押し下げ、かかとは出ているけどつま先は履いたままという、足先が冷えない格好に先生がしてくれました。

更に、私がさっき脱いで傍の椅子に置いたフリースジャケットを広げると、それを私の上半身にかける先生。横向きで置くと短いと気づき、縦向き(袖が体の上下に向くように)に直す。寒くないようにとの配慮らしい。備え付けのブランケットとかは無いんですね、ここは。(笑)

そして、「45 minutes starting from now」と言ってタイマーをセットし、先生は部屋を出て行きました。45分って結構長いな。受付のおじさんは「初めてなら30分か40分ね」と言っていたけど・・・

先生からの言葉は基本的にとても簡単な構文で短くてわかり易い。必要な点をストレートに、全ての語尾にエクスクラメーションマーク(!)をつけたように話す。でも、的確なのは伝わってくる。以前の先生はアメリカで鍼灸学校に行ったと聞いたけど、この先生は中国で学んだらしい。色んな意味で中国4000年の歴史が伝わってくるあるよ。

横になって20分ぐらい経ったころだと思う。突然ドアがガチャっと開いた。そして、先生は「Chocolate?」と一言言って、私に良くある金色の包みのコインチョコを一つ手渡すと、また部屋から出て行った。あっけに取られた私は「さ、さんきゅう」と言うのが精一杯。なんだ、このランダムさは。でも面白いホスピタリティー。

そして更に10分ぐらいすると、天井のスピーカーから中国の伝統的な感じの音楽が流れてきた。デパートやスーパーの閉店時に蛍の光が流れるような、そういうイメージのゆっくりした音楽。

これって、あと少しで治療が終わりますよという合図?と思ったけど、これもまたランダムなホスピタリティーの一環らしく、そのまま音楽は流れ続ける。もう、一人で横になりながら、おかしくなってくる。

そしてぼんやりと天井を見ながら、“普通なら婦人科系の問題は産婦人科に行って見てもらった方が良いのだろうけど、西洋の医者に相談してもなぁ・・・後で先生にどうしたら良いか聞いてみよう” などと考えていました。

その後、タイマーが鳴ってタイムアップ。先生が戻って来て鍼を抜きながら「How do you feel!?」 その時には体中がポカポカだったので、それを伝えました。腰はまぁ、コンスタントにある痛みではないので、その時点では効果が良く分からず。

そして先生は、「I did back pain and gynecology issue too!」とボソッ。え、婦人科系の方も一緒にやってくれたんだ。片足につき3点しか鍼を打っていないのに、やけに効率のいい治療だなぁ。

そして、「You come few times!」 と言われたので、何度か通った方が良いらしい。っていうか、なんだか面白いのでまた会いたいよ、この先生。マンハッタンにもオフィスがあるので、今度は仕事の合間にそっちに伺いますと言うと、「Call me Monday!」と言われた。はい!(笑)

家に帰ってから手持ちのツボの本とかネットで今回鍼を打たれたツボを調べてみたところ、3箇所打たれたうち、一番下は水泉というツボのよう。でも上側の2つがどこにも載ってない。謎のツボを刺激されちゃった。

診療ルームを出て受付のほうに戻ると、もう営業時間が終わるはず(夕方5時)なのにアメリカ人の患者さんが更に二人待っていた。何だ、営業時間関係ないんだ。ますます不思議なクリニック。でも、あんなラフな患者扱いなのに、アメリカ人がわざわざ治療に来るってことは腕は確かなんだろうなぁ。

そういうわけで、この先生のところに何度か通ってみようと思います。




10月のいろいろ

10月は色々なことをして結構なご褒美月間だったと思うけど、ハリケーンでぶっ飛んでなんやらうやむやになっちゃったな。

KinoSpoonちゃんがIHのスタジオを開放してくれた時はみんなでおしゃべりやらIHセッションのシェアリングを行い、その後みんなで興味深いパブリックリーディングの場になだれ込む。それぞれに、ほほーっっていう内容のことを言われてた。自分が言われた内容が一番良く分からなかったけど。

ずっと行きたかった料理人たまちゃんの料理教室に行き、彼女の料理の手際やら素材への気配り、愛情に感動。教えてもらったキッシュはすぐに家で再現したよ。たまちゃん直伝のキッシュは自作でも十分美味しかった。

LAからずーみーが来てた時は、ゆちゃんと3人で軽い晩御飯&カフェでしゃべり倒し、これもめっちゃ楽しかった。ゆちゃんのお悩み話から、カフェで座ったまま簡単なIHセッションみたいになったし、ずーみーは、もうバスターミナルに行かなきゃって急ぐ私の腕を別れ際ギリギリまでつかんで筋反射を取り、あれこれアドバイスをくれた。ほんと、あの子らしい。

月末はサイキックのみかさんからスピリチュアルリフレクソロジーを初めてやって頂いた。とっても気持ちよかったし、いろいろとお話できて楽しかった。初めてちゃんとお会いしたのは2年前だけど、実は10年も前からニアミスしていて、共通の古い知り合い約2名についてちょっと盛り上がる。

そして最後は、日本から来られていた雪乃さん関連のイベント。いつも東京の湯島食堂で行われている開運女子会がNYでの開催。偶然にも湯島食堂のシェフ本道さんもNYに来られていて、手作りのアップルパイもお土産に頂きました。雪乃さんからはタロットチャネリングを受け、毎度毎度言われるようなこととはちょっと違う感じのことを言われたよー。わーい、これからが楽しみ。

翌日は雪乃さんのタロットチャネリングと今まで一緒にタロットクラスを受けた仲間によるタロットリーディングが行われるタロットナイト。ちょこっと会場のお手伝いをさせて頂きました。

その後、タロットの精霊と対話を行うセミナーに参加。2週末に分けて行われる日程で、その間の平日にハリケーン襲来。その影響で後半の週末は仕事がずれこみ、参加できず。みんな最終日にはばんばんチャネリングが出来ていたというから、続けられたら楽しかっただろうね。

セミナー中は地元はもちろん、州外、国外から参加の顔なじみとも再会し、いろいろと話は尽きず。ハリケーンでホテルにスタックした遠方からの3人と、私はスカイプによる参加でタロットの勉強会もしたしね。あれ、面白かったわ。

普段あまり活動的ではない私にしては、イベント楽しいことありすぎな10月でした。っていうか、いつも10月って結構こんな感じかも。そして3週間水星逆行となる11月は対照的にスローかも。


サンディーの爪跡

で、昨晩のハリケーン。水位の低いエリアは高潮によって、また一部ではダムの決壊などでかなりの被害を出していますね。

我が家では、サンディー上陸はまだ数時間後に控えた時点でお隣の庭の木の枝が2本ぱきっと裂け、通りからうちに電力を送っている電線の上にばっさり覆いかぶさってしまいました。

この木は先日業者を呼んで際にかなりすっきり散髪してもらったはずの木。上の方の健康な枝だけを残したのに、それでも風の強さに負け、「そんなとこから折れるか?」と言いたくなるような場所からうちの方側に向けて枝が落ちてきました。

昼間のうちに家と庭の木にはレイキをしておいたのですが、隣の家の木まではやっていなくて、油断しました。やられたー。

電線は少し緩みをつけて引いてあるので、枝がのしかかってもプッツンとはいかなかったけど、風が吹くたびに木自体がゆらゆら、ぎしぎしと揺れ、それとともに折れた枝もわさわさと電線に引っかかったまま動くので、かなりドキドキ。一応、電線にも簡単にレイキ。

夕方5時を過ぎると風が本格的に強くなり、パソコンのバックアップ用の電源が何度もピーピーと警告音を鳴らす。窓の外を見ると、どこかの電線や変電所で火花が散っているのか、暗い空に光が上ったりしていました。

うちの電気もぱちぱちっと一瞬暗くなったりして、何度も消えそうになりましたが、床に就いた11時ごろまでは風も大分治まり、結局電力を失うことなくなんとか持ちこたえました。寝室は2階ですが、就寝中に裏庭から屋根に木が倒れでもしたら危険なので、昨晩はマットレスを運んで1階で寝ることに。

今回のハリケーンは(それが一般的なのか不明ですが)、進路の北側は雨は降るものの比較的ドライで、南側はたっぷり雨が降ったようです。あの風の強さに更に豪雨でも降ったら、地盤が緩んで更なる被害が起きていたと思います。幸い、うちの辺りは大きな木が倒れたりしているのはあまり見かけません。少なくとも今のところ。

朝庭を見ると、電線は繋がっていて、木の枝は相変わらずぶら~ん。


Fallen tree branch


写真にうまく写っていないけど、この折れ曲がった枝の下に電線があって、それに引っかかっているんです。あの強風で切れなかったのが本当に奇跡的。

昨晩のうちにお隣のご夫婦が業者に電話をしてくれて、業者のおじさんも朝イチで枝の状況チェックには来てくれていました。比較的早いうちに処理をしてくれるのではと期待しています。

隣の家との境のフェンスと木の扉もぶっ飛んでしまいました。


fence and door to next door



非常事態とかいいつつ、昨日午後はセミナー受講のため他州や国外から来てNYのホテルに缶詰中のK子ちゃんら友人3名と、私はスカイプによる参加でタロット練習会をしていました。これが楽しかった。4人それぞれに同じテーマでリーディングし、回答は当然ながら個々の状況にあった内容となったのだけど、それでもお互いに共感する点がいろいろとありで。。。

私も彼女たちと一緒に先週末からタロットパスワーキングのクラスを取っていて、タロットの精霊からいろんなメッセージを受けています。今回のハリケーンはどうなるか、と精霊に聞いた時には、ぷっくりと張った皮のソファーの表面を猫が爪でばりっと引っかいたようなイメージがきました。爪跡を残すって事ですね。

実際、今ちょうどニュースで、NJからのPATH Trainの復旧は1週間ぐらいかかるなんて言っていたし、ウォーターフロントのうちのオフィスは電力も大元からストップされている非難勧告区域。明日から営業予定のはずだったけど、どうなるのかしら。

マンハッタンへのバス、そしてサブウェイと、そこまでたどり着く足の確保もできないと通勤もできないしな~。でも、うちの被害なんて本当に小さなもの。

家や車が破壊されたり、これから何日も電力の無い状態で過ごす方もかなりの数です。それらの方々の普段の生活が一日も早く戻るようお祈り致します。



またもやハロウィーン時期の天候異常

ハリケーン・サンディーが迫っています。会社は今のところ明日(火曜)まで休業決定。ダウンタウンの水辺に近いところなので、非難勧告区域になっているんです。オフィスからすぐ近くのNYの証券取引所も天候を理由とするシャットダウンは今回が27年ぶりだとか。

今回のハリケーンはカテゴリー1(注)。それって、もっと南部でしか起こらない規模のものだと思っていました。まさか米国北東部をヒットするとはね。NJ州南部への上陸は今晩から夜にかけての予報。

満月でもあるので、水位も通常より高く、上陸のタイミングによっては満潮時刻に近くなるかも。人もイラ立ったり心配が増したりしそうです。

うちは非難勧告ゾーンではないけど、家の周りの木が倒れて屋根がつぶされでもしたら、猫を連れて非難場所に逃げないといけないかもしれない。

それにしても、台風とかハリケーンとかって、いつもピークが夜中に来る気がするのは私だけでしょうか?周りの木が揺れたりするのが見えるのも怖いけど、真っ暗な中、音だけが大きくなるのも怖いんですよね。

皆様どうか安全第一でお過ごしください。

注)この記事を書いた際、ハリケーンはカテゴリー1が一番強いと勘違いしていました。1は弱いのね。それでももの凄い被害だったんですけど・・・

家を直したり、いろいろ

ブログ更新が滞っています。

そもそもの理由はこの間もちらっと書いた「一時帰国後の酷い時差ぼけ」。FBの方で時差ぼけ解消宣言しましたが、実はその後も更に1週間ぐらい体内時計が狂いっぱなし。数日前までなぜかハワイ時間のような時間帯に眠くなっていましたし。。。

友人曰く、日本と米国東海岸のような時差だと、一旦移動してから現地時間に体(特に内臓)が慣れるのに2週間ぐらいは要するんですって。

今回は1週間だけの滞在だったので、半分慣れかけたところでまたかき混ぜられて、体内時間軸が複雑に歪んでしまったみたい。変な話、いつも毎朝ちゃんとお通じがあるのに、そのサイクルがずーっと夕方で固定になっていました。昼間、会社のデスクで座ったまま何度寝てしまったことか。本っ当~に今までで一番つらい時差ぼけでした。

あとは、あれですね、あいほんを買ったんですね。ついに。それでメールやらFBやら他の方のブログやら通勤時間中にチェックするようになったので、家でPCの前に座る時間が本当に減りました。これは良いことだわ。

私が日本に行っている間に前から計画していた(というか、私は単にやらなきゃ、やらなきゃ、と言っていただけだけど)家の外装の工事を始めました。かなり古~い家なので、外装工事と言うか、修理というか。

家を直すことはかなり重要でした。実用的な面からも、エナジー的にも。この家は、いわゆるスターターホームのサイズで、初めて家を購入する人にはお手頃。

なので、新築でこの家に入った最初の家族は恐らく何十年と住んだのではないかと思いますが、その後は、子供の小さい若夫婦とか、子供のいないカップルとかが数年毎に入れ替わり入ってきては次の家にステップアップするような形で住んでいたようです。ま、以前ちらっと見た不動産記録を元にした私の想像ですけど。

そういった場合、まるでアパートのような表面だけ修繕しながら住むような暮らし方になります。ここを売って、次はどんな家に住もう、と考えて。私たちも全くもってそういうつもりでこの家を買ったんです。結局は不況で値が下がってしまったので、ここを売った利益でもう少し大きな家に、という夢は崩れてしまったのですが。

そして、自分に十分愛情を注いでくれない住人が続いた事で、この家はとってもエナジーを失って運気が停滞してしまっていたようです。

サイキックのセツさんに家の写真を見て頂いた際も、この家自体は全然悪くないし、家の周りの印象も良いのだけど、本来はとても若々しいエナジーのはずの家なのに、老朽化して年老いた感じになっていると言われました。そして、私たち夫婦も若いエナジーを持った夫婦なのに、この家の停滞したエナジーに引っ張られてしまっている、というようなことも。でも、ちゃんと修理してケアしてあげれば大丈夫、という太鼓判を頂きました。

それが本当に本当で、まだ工事は終わっていないけど、あれっと思うような小さなことから、おおっと思う大きなことまで、少しずつ良いエナジーが巡って来ています。また来週はセミナーがあるしね。いつもの仲間に会えるから楽しみだし。

そういえば、工事が始まる前、相方にお願いしておいたことがありました。それは、無事工事を終えられるよう、土地と家の神様にお願いすること。もちろん、私もするのですが、私は工事の数日前に日本に立ってしまうので、ここぞと言う時に使っているThank you God というアロマスプレーを家の敷地と家にスプレーして、お祈りをしといてね、と相方に託して出発しました。

いつものごとく、最初は「何で俺が」と拒否るのですが、なんやかんや、Thank you Godには一目置いている相方。日本にいる間に、「やっておいたよ」とメールが来ました。

あと、隣の家のおばさんが、庭木(といっても20メートルぐらいあるような大木ですよ)の枝を少し整理するのに職人を呼ぶので、あなたの方の木も切りたかったら一緒に頼んだら?と数日前に声をかけてくれました。

前々から、前庭のもみじの木を少し選定したいといっていた相方。ちょうど良い機会なのでお願いすることにしました。ついでに裏庭の老朽化した高い木2本も、枯れた大きな枝が幾つかついていて、大風が吹くたびに家に落っこちるんじゃないかと冷や冷やするので、それらも少し整理してもらうことにしました。

本来なら自然に伸びた木の枝を切るのは私は好みません。鳥が休む場所や、リスが大好きなクルミのなる木の枝を減らすことになるから。

でも、枯れ枝に虫が入って木自体が腐ったりしても困るので、お互い安全・健康に共存するために、ちょっと散髪させてね、と木にもThank you Godをスプレーし、相方と2人で幹に手をあててあいさつ回り。(怪しい夫婦である)

業者のおじさんがクレーン車みたいなのに乗り、高い枝もスイスイと切って帰っていきました。下の方の枝は取り払い、上に枝や葉が伸びる様にした方が良いとのことで、襟足をすっきりカット。裏庭のうっそうとした狭い空間がすこし広く感じられるようになりました。さて、これからどんな素敵な風が吹いてくるかな。

リビングの窓の外の庭木はもう真っ赤。この木は殆ど目立たない小さな花が初夏に咲き、秋になると実をつけます。


mi 1


それの皮がはじけて中の実が顔を出すと、小鳥がやってきてはついばみます。この時期、リビングの出窓の外ではこの庭木の枝がゆさゆさ、ゆさゆさ。


mi 2


皮がめくれて中のツヤツヤの実が出て来たのを見ると、毎年「食べてみたい」衝動にかられるけど、まだ試したことがありません。どんな味なんだろ?

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。